<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

涙目コーデュロイ

先日、十六夜吉田町スタジオでイデビアン・クルー「涙目コーデュロイ」を見てきました。

1カ月公演の後半。
井手さん、痩せちゃってたらどうしよう?と思ったけど、全然そんなことなかったw

スタジオのある関内に来るのは久しぶりだったのだけど、
私の好きなレトロモダンな建物がいっぱいあってテンション上がった~!
特にスタジオのあるビルは、BARやカフェがいっぱい入ってて、
どこも素敵な雰囲気。横浜の雰囲気っていいよね。

b0044209_13221117.jpg


この人数のために踊ってもらえるなんて、
なんて贅沢なんでしょう!というくらい狭いスタジオ。私は最前列を確保。

今回は3人だけのダンス。
目は口ほどに物を言うって言うけど、ダンスって、人の体って、本当に雄弁!!
三人が今、何を感じて、何を相手に伝えようとしてるのか、
それが客席に伝わってくるから、笑えるし、楽しいし、もやもやするし。

「ほら、オレンジの箱だけ揃えたよ!」
「え?水色があるわよ?」
「え?あ、でもほらオレンジだけ・・・」
「だから、水色もあるわよ」

・・・とかね。

井手さんは、動きがしなやかで、
背骨から腕や足を動かしている感じ。
腕を動かしているんじゃなくて、体の真ん中から動かしているみたい。

足の指の先までじーっくり見れるし、足の指の先も何かを語ってる。

井手さんのダンス(というか見せたいもの?)って、すごく日本人的だと思う。
人と無理に密接したコミュニケーションを図らない、
でもちゃんと相手の思いを汲み取って、動くというか。
それこそ、まさに目は口ほどに・・・なんだけど。

ずーっと三人の動きを見ていたかったなぁ。
(やっぱり目を引くのは井手さんなんだけど)

とっても楽しかった!!!それに尽きる!

あまりに楽しい気持ちになったので、MM21までお散歩して
観覧車を眺めて帰ってきました。
誰もいない道で、「あ~幸せだ~」ってニコニコしてしまった。
八丈島でも一人で歩いてて、周りに誰もいないところで
「幸せだ~」って何度も思った気がする。

幸せって一人の時ほど実感するのかもね。
って、そんなんで大丈夫かしら、私・・・ちょっと心配・・・
[PR]

by oko50525 | 2012-09-28 13:32 | ダンスのこと

八丈島の思い出~その2~

半年以上前の旅を振り返るシリーズ。その2。

八丈島一人旅の2日目は山登り。
「八丈富士」と「三原山」のふたつがありますが「八丈富士」へ。

※この二つの山のちょうど間のくびれ部分に空港があります。
そう、ひょっこりひょうたん島のモデルは八丈島なのですよ~

実は、前日の滝見学の帰りに足をおかしくしていた私(よくやる)。
でも、トレッキングをすると決めていた以上、予定変更は許されない。
とういうか、それくらいしかやれることがない八丈島。

宿のご主人が八丈富士まで送ってくれたのだけど、これが大誤算・・・!
観光客の人がトレッキングのスタートとする階段地点まで、
ここ(車道)から徒歩2時間だったという!!

そんなことはつゆ知らず、「山、だいぶ遠いけど・・・ここが麓となのね?」と信じて出発。
普通に車道・・・でも人は歩いてないし、車もたまーに通りかかるくらい。
空気は美味しいし、足は痛いけど、元気よく出発!!

まだまだ遠くに見える八丈富士。
b0044209_9425328.jpg

山の天気は変わりやすく山頂を雲が覆ったり、晴れたりするのを観察しながら登る。

そして2時間・・・やっと八丈富士に上る階段に到着。
野生の山羊が逃げないように柵が張り巡らされており、そこを開けて階段へ。
そして階段わきには駐車場・・・この時点で「もしや、ここが登山道入口?」と気づく。。。

1280段の階段を上ると、そこは頂上!火山口!!ジュラ紀の風景!
b0044209_949647.jpg

この火山口をぐるっと回るのを「お鉢めぐり」というんだけど・・・
結構な断崖絶壁ではないですか!!足の痛いあたしにはムリ!あと高いとこ苦手!!
b0044209_9502578.jpg


とりあえず、意を決して「頂上」と呼ばれるところを目指すも・・・
ぐるーっと丸い火口・・・いったい、どこが頂上なのか?
あとものすごい風が吹いてきて、まぢで怖い!!
私が山に登ってることなんて誰も知らないし、ここで死んだら・・・数年行方不明扱い。。。
「もう、ここが頂上ってことにしよう!」とちょっとだけ高い岩まで行き、退散。

山でであった人々からは口々に「お嬢さん、車道から歩いてたでしょ、すごいね~」と声をかけられる。
別に、歩きたくて歩いていたわけでは・・・モゴモゴ。

お鉢まわりを断念してボンヤリ海を眺めていると、火口内からオバ様二人組が登場。
どうやら、火口内に「浅間神社」という神社があるらしい。
オバ様二人は、関西からわざわざ「元気がもらえそうだから!」という理由で八丈に来たとのこと。
バイタリティのある素敵なお二人で、八丈より彼女たちから元気をもらう。

「足がちょっと痛いんですけど、行ってみます!」と宣言して、私も浅間神社へ。
これが最初から、せまーいジャングルみたいな道。道というか、のっけから「穴」。
こんなところを、あのオバ様二人が歩いたのか?と怪しみつつ、
オバ様が歩けるなら私に行けないことはない、とジャングル探検。
道にはなってるけど、左右から草木が覆いかぶさってきていて、歩くのも大変。

10分ほど歩くと、それらしき神社に到着。神社といっても、祠があるだけ。
神社の横は崖!!この景色がすごかった!!火口のジャングルがすぐそこに。

で、これ不思議だったんだけど、私が火口に見とれてたら、
カップルらしき若い男女の笑い声がしたの。
ここまでの道は、人一人がやっと通れる道だったので、
ここにとどまってたらお邪魔だなーと思って、早々に退散したのだけど・・・
帰りの道で誰にも会わない!!

もしかしたらお鉢まわりのカップルかとも思ったけど・・若いカップルなんていなかったし。
精霊の多い森らしいから、そんなことがあってもおかしくないのかなぁ。なんて。

元来た道を戻ると、先述のオバ様二人が待っていてくれました。
私が「足が痛い」といったから心配して待っててくれたらしい・・・うう、ありがとうございます!!

車のない私は再び車道を歩いて下山(タクシーなんて走ってない)

「ふれあい牧場」とやらがあるらしいので、ちょっと寄ってみることに。

この「ふれあい牧場」・・・無人!!!!
ここまで飲み物すら持たずに4時間以上歩いていたので、自販機があったのが救い。
b0044209_1065414.jpg

牛をながめながら、ジュースを飲む。牛、私に興味なし。
柵もあるような、ないような、な状態。
ここからの眺めは絶景でしたよ。向かいの三原山、下の空港と島の形状が分かる。

ちょっと休憩してから、山を下り、そのままバスもタクシーもないので歩いて空港へ!!

結局、6時間、食事もとらずに歩き続けておりました。自分、すごい。体力ありすぎ。

いったい何を考えながら一人で6時間も島をさまよっていたのかって感じですが、
心は充実&満たされていたことは間違いない。すごい楽しかったもの!

というわけで、旅日記はおしまい。
実は今、青ヶ島を狙っております。八丈島よりさらに先。
それこそ、何もない島みたいだけど、行ってみたいな~★
[PR]

by oko50525 | 2012-09-26 10:12 |

八丈島の思い出~その1~

やっとビール解禁しました~!長かった、長かったよ!
元気になった途端、ビールを欲する自分のわがままボディ。
久しぶりに友達と呑む、という至福の時間を味わえました。これだよ、人生は。

でも、実は気持ちのパッとしない私。
いつも何考えて、何して過ごしてたのかしら~?と思い返してみると、
入社から10余年、毎月のように出張で日本中を飛び回っていたのに、
それがパタリとなくなっているから、張り合いがないということに気付きました。
出張、出張がしたい!旅がしたい!電車に乗りたい!!飛行機に乗りたい~~~!

その出張で溜まったマイルで、昨年冬に八丈島に行ってきたのでした。

マイルで行けるところで、都会じゃなくて、行ったことがないところ、
を選んだ結果の八丈島!島好きとしては行かない手はない!

まず飛行機が小さい八丈島行き。
欠航の心配もあったけど(三宅島行きはガスで欠航)、無事に出発。
しかし揺れる、揺れる!!八丈島に入るときは、さながらジュラシック・パークのオープニング。

冬でしたが、東京(八丈島も東京だけど)に比べて暖かい★
植物が南国。空港の周りもアロエ畑で異国情緒満点。

さっそく「滝でも見に行こう」と出発!!
b0044209_9253967.jpg

滝へ続く道では誰とも会わず・・・この島に人はいるのか?本当に滝はあるのか?
特に道案内の看板もないので、手にした地図を頼りに進む(地図にも特に目印は書いてない)

途中には小川。きれいだけどロープを手に渡るというアドベンチャースタイル。
女一人アドベンチャー・・・あがる!(子供のころの夢はミステリー・ハンター)
b0044209_9275033.jpg


そして道なき道を進む、進む。どう考えても観光地化されてない。。。

そして、、、、出た!滝だ!!!
b0044209_9294126.jpg

そんなに大きくはないんだけど、突如、すり鉢状のスペースが現れ、見上げれば滝!
雲の流れと滝のしぶきを見ながら、一息・・・空気がおいしいっ。

この滝のふもとに、ナゾの生物の死骸(抜け殻?)が大量にあったのだけど、
見事にそれをズボンのすそにくっつけて宿に帰った私。。。なぜ連れてきた。。。

夜は民宿で島寿司を食べる。これまた美味しい!!
宿に泊まっていたお客さんが釣った魚もごちそうになったり。贅沢。
b0044209_9324560.jpg


夜はフラフラ近所の足湯にお散歩に行って、満天の星空を楽しみました。
星ってこんなにたくさん本当はあるんだーなんて子供みたいなことを思ったり。すごかったなぁ。

1日目はこれでおしまい。2日目に続く!(って一年前のことをよく覚えてるな、私)
[PR]

by oko50525 | 2012-09-25 09:33 |

ジェローム・ベルWSのこと

先週は風邪を引いたため、首にタオルを巻き、夜22時には就寝。
これを繰り返したおかげで、悪化させることなく治せました!わーい!
まだ咳はちょこっと出るけど、一気に挽回です。今週は絶好調だ!

なので週末はマスクをして、ジェローム・ベル氏のダンスWSに行ってきました。
ジェローム氏は多忙のため来日できず、ほかの方(名前失念)がレクチャー。

英語、フランス語、日本語の飛び交うクラス。
フランス語好きだ。もう一回、ちゃんと勉強しよう。

今回、踊るのはジェローム氏の代表作「THE SHOW MUST GO ON」の抜粋。


シロウトならではの動きの面白さというか、
「個」としての個性、強さ、パワー、独自の身体性を見せるような感じ?

何度も言われたのは、「自然にそこに立つ」ということ。
これに関しては、芝居で何度となく言われているので、わかるけど。
私もできるようになるまで(今もできてるか分かんないけど)苦労した。

図らずも、私はダンス中に脱ぐことになりました。笑
この日はTシャツの下にタンクトップ着てたから、えいや~って脱いでたけど、
本番はブラジャーになりたいよねぇ。せっかくだし?

コレを機にダイエットっていう手もある。

今回のダンスはF/T(フェスティバル・トーキョー)の演目として無料で見られます。
10月27日、28日。1日3回。東京芸術劇場前の池袋西口公園です。
ほかにも2作品に出る予定ですので、また詳細は追って。

先週、咳とともに悪いものを全部出したつもりでいるので、
今週はいいことあると思う!一週間がんばろ~★
[PR]

by oko50525 | 2012-09-24 09:38 | ダンスのこと

ピナ・バウシュ 夢の教室

珍しく風邪をひいてしまいました。といっても、ちょっとのどが痛い程度ですが。
週末からダンスWSが始まるので、今のうちに完治させますよ。

さて三連休、一つ書き忘れていたことがありました。
見てきた映画のこと。

「ピナ・バウシュ 夢の教室」@下高井戸シアター

稀代の舞踏家として世界的な人気を博すも2009年にこの世を去ったピナ・バウシュが、ダンス経験のない40人のティーンエイジャーと彼女の代表作のひとつ『コンタクトホーフ』を上演するまでを追ったドキュメンタリー。これまで明かされることのなかったピナの創作の裏側と、それぞれに悩みや迷いを抱えながら公演に挑む若者たちの姿を見つめる。



大好きなピナ・バウシュ。先日は追悼コンサートにも行ってきました。
そんなピナの最期の映像です。とはいえ、ピナ、ほとんど出てこないけど。

b0044209_13554421.jpg


10代のダンス未経験の若者たちが身体、自分と向き合う姿を映画は追います。
まったく説明ナシなので、ある程度、予備知識がないとわかりづらいかも?ピナ、前半出てこないし。

一人の女の子。笑いながら走るということが「できない」
「真剣に笑うのよ」というジョー。でも何度やっても「できない」

このシーンだけで泣いちゃいました。。。

この子は普段、きっと誰にでもオープンで社交的な子なんだよね。
でも、「できない」んだよね、うん、わかる、わかるよって。自分を見てるみたいだった。

自分と向き合って、自分を解放するって、本当にキッツイ作業だと思うの。
10代なら10代なりの、20代なら20代なりの、30代なら30代なりのキツさがある。
「解放して!」って言われて、簡単に解放してたら、それこそ病気になっちゃう。

でも、仲間に囲まれて、信頼できる先生に見守られて、
子どもたちがどんどん解放されていくと同時に、自信を身に付けていっているのが分かる。
自分のことを魅力的だって気づいて、自分自身を好きになっていってる気がする。

ラストのダンスの抜粋シーンは、本当に素晴らしかった。
10代とは思えない、まさにヴッパタール舞踏団のダンサーさんになっていたよ。

b0044209_1425666.jpg


女の子と男の子が椅子に座って向き合って、服を脱いでいく振付のシーンが好き。
二人とも楽しそうで、とっても可愛い♪

最後に円になって歩くところ。全員、自信に満ちてた。素敵だったなぁ。

「失敗してもいい、大事なのは努力すること」

努力に裏付けられた自信が、舞台上の人たちを輝かせるんだろうな。
努力しなければ、自信なんてつかないものね。

自信がつくまで努力すること。
自分を解放すること。
いまの私に足りていない部分。

ちゃんと自分と向き合って頑張ろう。
[PR]

by oko50525 | 2012-09-19 14:06 | おすすめ映画

三連休の終わりと秋の訪れ。

お休みってアッという間に過ぎてしまいますね。

田中会@吉祥寺では、女子トークが暴走。
それを生暖かく見守る男性陣に癒されました。ありがとう。

タコ焼き会@高円寺では、生後二か月の御猫様が癒しの神。
ちっちゃい、ちっちゃい、ふんじゃいそうで怖いレベル。ねこふんじゃった。
b0044209_9171289.jpg

双子が延々に焼き続けたタコ焼き。
人数分以上にタネの量があったと思う。

ちっちゃこい、御猫様。
b0044209_918210.jpg

かわいい、かわいすぎる。美猫。

あとは「ちゃんとやらんと!!!」を収録したり、
黒猫チェルシーのワンマンライブに行ったり(最前列!終演後はメンバーと握手!)

そして、最終日はMUで共演した吉岡そんれい氏出演の
3.14ch「帰郷」@タイニィアリスを観劇。

すっごい思白かった~!!!
最初から割と期待して見に行ったんだけど、それ以上だった。
世界が崩壊していく感じが心地よい。装置もすごい。

男の人って昔の女性を忘れられないのねーっていう感想w
「ノルウェイの森」の直子とみどりに当たるような役柄の方がいたのと、
世界の崩壊の仕方からも、初期の村上春樹作品のようだった。カエルくん、出てくるし。

どの役者さんも個性的で印象深かったので、
カーテンコールで大人数出てきてビックリ。そんなに出てたんだっていう。
皆様、とっても素敵でした。

その後は東大で「石の世界」を見てきました。石、奥深い。
b0044209_9253560.jpg

東大、初めて入ったけど、古い建物が情緒があって素敵だった。
連れは、構内にいる猫すらも「頭がよさそう」といっていた。確かに。

今朝、また過去の共演者が私の大好きな(デカイ)劇団に出るニュースが入ってきて、
「あー、あたしゃ、いったい何やってるんだ」と布団を噛んでましたw
まさに、ちゃんとやらんと、です。
[PR]

by oko50525 | 2012-09-18 09:26 | 日常のこと

Call Me Maybe

久しぶりにマッサージに行ったら、逆にモミ返しを起こしてしまって、肩が痛い朝です。

昨夜はマッサージ後に映画に行くつもりだったのに、
気づいたら、みかげ宅で呑んでました。でも新しい出会いもあって、有意義。

最近、自分のことでも新しい発見があったり、
古い付き合いの友人でも新しい一面を知って驚いたり。
そういう今まで見せてなかった部分をお互いに見せ合っているような感じで、不思議。

今まで私が頑なだっただけかもしれないけど。

ちょっと心を開くだけで、相手もグワッて開いてくれるんだなって。
自分ではそんなつもりなかったけど、「素直じゃない」ってよく言われるからなぁ。

隠してるつもりだったのに、バレてる部分も結構あるけどね。

これから、どんな自分が出てくるのか不安でもあり、楽しみでもあり。
b0044209_921924.jpg

御猫様は初対面のワタクシになついてくれて、うれしかったです。かわいいなぁ。

タイトルはCarly Rae Jepsen 「Call Me Maybe」より
 


この曲、歌詞がとってもかわいい。まさに恋の始まりって感じで。
覚えて歌えるようになりたい。

こちらはローラのパロディ版。
出てくる子、出てくる子、みんな可愛くて、自分が本当に女なのか悩んでしまいます・・・



今日は、みかげ姫にもらったトップスを着てきました。夜はお出かけ、楽しみだぁ。
[PR]

by oko50525 | 2012-09-14 09:27 | 日常のこと

ピップマグネループの復活。

あまりに肩こりが酷いのでピップマグネループを復活させました。
MUでも本番中付けてましたけどね。役柄的にも合ってたので。

さて火曜日はクアトロで小林太郎くんのライブでした。
3マン(OPアクトあり)でしたが、どのバンドもとっても良かった。
でもたろろんの吸引力は圧巻でしたよ!デビュー当時のたろが戻ってきた~って感じ。
ニコニコして楽しそうだったし、BLITZで封印してたユルMCも復活したし。
来月のワンマンがすっごい楽しみ★



そして昨日は王子小劇場でアマヤドリ「フリル」観劇。
MUで共演した鈴木由里ちゃんご出演。

賛否両論らしいけど、私にはとーっても面白かった!!
わかりづらいという前評判を聞いてましたが、そんなことなかった。
もともと、何かをわかる必要というのを私はいらないと思っているので。
だって、世の中のことなんて、たいてい、わからないし。

演出も装置も音楽もセリフも役者も、全部好みすぎてゾワゾワ。

夫婦のシーンが開演前に読んでいた村上春樹「羊をめぐる冒険」を彷彿とさせて、
より一層、のめりこんでしまう。
乞局「汚い月」の夫婦のシーンも好きだったけど、これも好き。
しずかーに終わっていく感じ。

DVD出たら絶対欲しいなぁ。それくらい面白かった。
17日までやってますので、ご興味のある方はぜひ!!

開演前に「奥のお席が見やすいです」と言われたのを、
「後ろの席」という意味だととらえて、入口側の手前の席に座ったことが悔やまれます。
十分見えたんですけどね。
[PR]

by oko50525 | 2012-09-13 09:06 | 観劇したもの

ちゃんとやらんと!!!第10回放映!

昨晩はねえねのおうちでご飯をごちそうになってまいりました。
いつものメンバーと過ごして、日常が戻ってきた感じ。
ねえねのごはんは相変わらず絶品でした。
胃袋をつかむってあるね。
ねえねには2回ほどプロポーズしておきました。

さて、木曜20時といえば「ちゃんとやらんと!!!」
早いもので、もう10回です。
ワンクールドラマなら、主人公がそろそろ結ばれるか、結ばれないかの瀬戸際。
やらんとは、完結しませんがw だらだら日常は続くのです。

今回は、放送コードギリギリ?
AKBやら、アイドルについて語りまくっておりますよ。
実はAKBのことをほとんど知らず、テレビも見ないのでCMもわからず・・・
PCフル稼働で勉強させていただきました。いやー、みんな、かわいいねぇ★
しかし、私とおびーがAKBの誰のマネをしているかは・・・伝わるのでしょうか・・・?

視聴はスマホのみとなります。WALLOPのアプリをダウンロードしてお楽しみください。
※「ちゃんとやらんと!!!」は映像配信のため、視聴時にはWALLOPのHOME画面の画像左下の「view」ボタンが有効になります。有効の場合は、ボタンをにタップすると映像が表示されます。



おびの衣装が可愛い。私は小林太郎のバンドTでございます。たろうさ、かわいいでしょ♪

※今日は9.11ですね。あの日、私は一人旅に出ていて、家に帰って初めてテロがあったことを知りました。先日見た「ものすごくうるさくて、ありえないほどちかい」。報復、復讐ではなく、事実を受け止めて立ち直ろうとする家族の話。9.11に限らず、理不尽な理由で突然日常が壊され、辛い思いを抱えている人はたくさんいる。でも、きっと誰かが支えてくれてて、それに気づけば、自分で立ちあがることができるんじゃないかと思いました。一人で何もかも抱えないで、誰かに頼るってこと。そして頼られたら、応えてあげることって、大事なことだな。

[PR]

by oko50525 | 2012-09-11 09:35 | やらんと!!!

久々に落ち込む。そして食べる。

週末は久しぶりにデカいミスをやってしまい、
全面的に自分のミスということで、どっぷり落ち込みモードに。

一人じゃ抱えられないぜ!ってことで、無理やりお友達を誘って呑み。
途中から、全然、違う話してましたけど。

だって、ぐちぐちしてたら、またミスる!!

あと隣の席のご夫婦がナゾのお煎餅をくれました。たぶん、中国あたりの?
怪しいパッケージだったのだけど、写真撮り忘れ。残念。
「毒入りだよ」っていうので、誰に食べさせようか、しばし真剣に考えました。
そのご夫婦(の旦那さん。スキンヘッド)は、
あらゆるお菓子を店員さんに無理やり食べさせてました。毒入り?

週末も親友の家に行く予定だったけど、
ぐちぐちヨウさんがまだはびこってたので、
実家に帰って、外食(庭で食事をすること)してきました。

パパは飛行機が飛んでいくのをずっと見て、
「年とっても、庭で飛行機見てたら飽きないな」といってました。いや、絶対飽きるだろ。
だいたいにして、彼は毎週のように飛行機に乗ってる側の人間です。

あと隣の家の庭にある木がゴッホの描く木みたいでした。糸杉じゃないけど。

というわけで、気持ちリフレッシュの週末でした。
「ちゃんとやらんと!!!」も収録完了。
久しぶりにバッカスでマスターの美味しいお酒もいただきました。へへへ。

あ、あとお知らせ。
秋にフェスティバルトーキョーのフラッシュモブに、ダンサー参加することになりました。
東京芸術劇場周辺で突発的に踊りますよ。
詳細は、また改めて。街で踊るなんて楽しみすぎです。

今から身体を鍛えておこうっと!!!

b0044209_9402859.jpg


刺身皿に野菜が乗っていることに今、気づいたよ。。。ママン・・・
[PR]

by oko50525 | 2012-09-10 09:41 | 日常のこと