<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

遊んでいる間に。

昨日はきみどりさんの稽古でした。
きみどりさんの稽古の様子はコチラ→きみどりさんの日記
みんなしてフタオちゃんのこと書いてるし。笑
ふふふ、目を引く人っているんだなーとフタオちゃんを見ていると思いますよ。
一挙手一投足が面白くて、可愛いもんね~。ラブリーという言葉が良く似合うフタオちゃん。

昨日は私の出ないシーンの稽古がメインだったので、
あまった人々(笑)と、稽古場の外でセリフあわせ。
フキちゃんの発音がなまっていることをテラベさんが指摘。
最初は、テラベさんと、正しい発音をフキちゃんに教授してたはずの私も、
言っているうちに、ドッチがナマっててドッチが正しいのかわからなくなる。。。
もちろん、フキちゃんも混乱。指摘を受けたセリフの前で、不思議な間が!笑

そんなこんなで、ワイキャイ、セリフあわせをしていると、
別のシーンを稽古していた演出のカヨちゃんから「見においで」と稽古場にお呼ばれ。
みんなでゾロゾロと稽古場に入り、稽古していたシーンを見せてもらう。

・・・アレ?なんですか、このステキなシーンは??
さっきまで私たちが稽古していた芝居と同じ話??(笑)
ここでウヒャーとあせりだす私。ヤバイヤバイヤバイー!
このステキなシーンを成立させるために、私も頑張らねばね!!(炎)

さて、RADWIMPSの新曲「携帯電話」。すっごい好きです。
しばらくRAD離れしてたけど、復活しそうだ。
RAD出演も決まったロッキンジャパンフェスの金曜日のラインナップが素晴らしいんだよなぁ。
ハイエイタスにサカナクションにくるりに清竜人くんにビークルに・・・しかも並びもイイ感じ。
私は二日目に参戦予定だけど・・・金曜も行きたい・・・なんで平日なんだ!神様!!



あ、明日から三重県に行ってきます。そして日曜から鹿児島。さらに塩釜へ。
今回は時間がなくて、観光もへったくれもありません。ホテルで寝るだけ。あ~悔しいなぁ。
[PR]

by oko50525 | 2010-06-30 14:14 | 東京ネジ「きみどりさん」

中休み。

東京ネジの稽古場日記ができました。
デザインが今回の芝居に合っていて、とてもステキ。
ぜひ見てくださいね → きみどりさんの日記http://blog.oricon.co.jp/kimidori-san/

さて、先日は本多劇場にナイロン100℃「2番目、或いは3番目」を見てきました。
b0044209_1071055.jpg

↑この写真、ステキ。
こんな西洋チックな服が似合うなんて羨ましい。私は似合わない自信がある!

終始ドヨーンとした空の(実際、空はないわけですが)下にある
廃墟のような、やっぱりドヨーンとした暗い小さな町で話が進みます。
正直、消化しきれない部分が多くて、まだモヤモヤっとしています。もう一度見たほうがいいかも。

☆ネタバレ注意☆
ラスト、光る装置を見て「あ~、ここはお墓なんだ、みんな天国へ行くのね」と思ったんだけど。
これは私の勝手な解釈かな。でも、みんなでどこかへ行くって非現実的なんだもの。
いっせいに事故や震災で死んだ人が、一緒に天国に行くほうが理にかなってるかな、と。

村岡さんと三宅さんのカップルには、トキメキました。いいな、大人の愛の告白(笑)

そして、稽古休みを利用して日曜はクロムモリブデン「恋する剥製」へ。
半分くらい知り合いでしたが、みんな、よく動き、よく笑いをとり、キレッキレでした!
私は折込の予定があったので、挨拶せずに帰ってきてしまったので、申し訳なかったな。
みなさま、最後まで怪我などないよう、がんばってくださいませ。

さて、あとは弟と原美術館で写真展を見たり、男と女の手作り餃子を食べたり、
移動の30分の間に山さんとビールを飲んだり、チラシを折込したり、いろいろしてました。
今週から来週は出張WEEKなので、体調管理には気をつけたいところ。
芝居の稽古ももちろん、がんばりますよ~!おー!
[PR]

by oko50525 | 2010-06-29 10:14 | 観劇したもの

街で見かけたきみどりさん。

b0044209_17341843.jpg

東京ネジ「きみどりさん」の稽古、粛々と進んでおります。
昨日は私のシーンの初立ち稽古でしたが、やはり緊張・・・
稽古で緊張してどうすんだって感じだけど。まぁ、毎度のこと。
だって、役者さんたち、みんな、ステキなんですもの!!

初共演の動物電気のフタオちゃんは、表情も動きも、
かわいくって、おもしろくって、つい出番ギリギリまで見てしまう。
演出家の並びで稽古を見ていた寺部さんは、
フタオちゃんがうつむくシーンで、
体をナナメにしてフタオちゃんの顔を覗き込もうとしてました。笑 ファンだね!

ふきちゃんは最近、猫村さんに似てきてます。

あつこさんは、帰りの駅のホームで「みんな上手なんだもの!あせっちゃう!」と
メチャクチャかわいい笑顔で言ってました。
「あつこさんでも、そうなんだ!」と安心してしまいました・・・が、がんばらないとね、私は!

今回は酒好きが多いので、なんだかんだで、毎回のように飲みに行ってしまいます。
昨日もおいしい中華屋さんで一人一皿頼んで、ビール4杯飲んで、一人1500円!!
安いから、ついつい、飲んでしまうという。。。
おかげで、昨日、また1キロ太ってました!!キャー!!

そんな、きみどりさん。家族のステキな話です。

写真は街で見かけたきみどりさん。全身緑。リュックも緑。電車も緑。徹底してます。
[PR]

by oko50525 | 2010-06-24 18:04 | 東京ネジ「きみどりさん」

はっじまっるよ~!

ついに昨日から東京ネジ第11回公演「きみどりさん」の稽古が始まりました!
東京ネジ → http://www.tokyoneji.com/ まだトップ画像が前回のままだ。。。

気づけば東京ネジの準レギュラー?今回で3度目の出演です。
だがしかし、客演さんは、すべて東京ネジ初参加!!
そして、私も客演さんは全員、初共演!わおっ!新鮮!!

昨日は読み合わせでしたが、ワクワクしっぱなしでしたよ。
ネジっ子はプライベートでも仲がいいにも係わらず、
毎回、自分でも予想してなかったような役をくれるので、やりがいありまくりです。
今回もかーなーり、がっつり、やりがいがありそうな役をいただきましたよ~。
本読み段階でゾワゾワしました。深みのある役にできればいいなぁ。

もちろん、ストーリーもグイグイきてますっ。
いままでのネジとは、またちょっと違う感じかな?どうなるか楽しみ★

というわけで、以下、宣伝です!

東京ネジ第11回公演

「きみどりさん」

<期日>2010年7月28日(水)~8月1日(日)  全9ステージ予定

<会場>下北沢OFFOFFシアター

<タイムテーブル>
7月28日(水)19時30分
29日(木)14時00分/19時30分
30日(金)14時00分/19時30分
31日(土)14時00分/19時30分
8月1日(日)13時00分/18時00分
  全9ステージ(表記の時間はすべて開演時間となります)
※受付は開演の40分前、開場は開演の30分前となります。

<キャスト>
佐々木香与子
佐々木富貴子
佐々木なふみ(以上、東京ネジ

久保亜津子(向陽舎
小林至(双数姉妹
寺部智英(拙者ムニエル
花戸祐介(クロムモリブデン
二面由希(動物電気
両角葉
吉田真琴

<スタッフ>
脚本:佐々木なふみ
演出:佐々木香与子
舞台監督:土居歩、杣谷昌洋
舞台美術:袴田長武+鴉屋照明:工藤雅弘(Fantasista?ish.)
音響:ミ世六メノ道理(北池袋/バナナ学園純情乙女組)
宣伝美術:立花和政
映像撮影:北一浩
写真撮影:石澤知絵子
衣装・小道具:かまくら小鳥
制作:東京ネジ工場、塩田友克、大矢根あひる

<チケット料金>日時指定・全席自由席
        前売:2800円/当日:3000円
        おでんせ割引:前売・当日共に2500円
              (※29日14時00分の回のみ特別割引)

<チケット発売日>6月12日(土)より発売開始

<チケット取り扱い>
■CoRichチケット!(PC用)
http://ticket.corich.jp/apply/18714/004/
また改めて、宣伝記事をアップするので、どうぞよろしくです!
[PR]

by oko50525 | 2010-06-17 16:47 | 東京ネジ「きみどりさん」

はなればなれに

昨日は家で湯葉と生ハムを口に突っ込んで、
猛ダッシュで下高井戸シネマのレイトショーに行ってきました。
贅沢なもの食べてるけど、キッチンで立ったまま食べたんじゃ台無しよね。

ジャン=リュック・ゴダール監督
「はなればなれに(BANDE A PART)」(1964年フランス映画)

タランディーノ、ヴェンダース、アニエスb.が心から愛するゴダール・ベストワン映画
幻の傑作、日本初公開


★あらすじ★
肌をさす冷気がこころよい冬のパリ。推理小説マニアのフランツとアルチュールは北欧からやってきた美しいオディールに一目惚れした。フランツとアルチュールは大の親友だが、性格は正反対。金はないがヒマだけはあるのが共通点だった。そんな3人がなぜか、冬のある日、セーヌの支流マルヌ川沿いの邸に眠る大金の強奪計画を実行することに。計画は二転三転、やがてついに作戦決行の日がやってくるのだが……。@eiga.com
b0044209_11334568.jpg

ストーリーはあるんだけど、ところどころに遊びが盛り込まれた映画。

出てくるのは、ほとんど主人公の三人だけ。
カフェで踊ったり、沈黙ゲームでは1分間BGMもすべてなくなるし、歩いているとトラに会うし、
車は歩道も乗り上げていくし、英会話教室では机や椅子に上がって移動(フランスでは普通なの?)
ルーブル美術館を3人で猛ダッシュで走るシーンは気持ちよかった。やってみたい。

ゆるゆると進んでいく話だけど、最後に悲劇が。。。

この時代や古い映画を見ていて楽しいのは、お洋服と車!
いまの丸っこい車が好きじゃないので、この時代の個性的な車たちは羨ましい。。。
いまの車で楽しませてくれるのって光岡自動車くらいなんですもの!

あ~、でも話は、ちょっと期待しすぎてたのか、そこまでのれなかったかな。
強奪計画も問題なく簡単に盗めそうなのに、わざわざコトを大きくしている感じだし、
アルチュールが自分に惚れているオディールに辛く当たるシーンはイヤだった。
(オディールは一目惚れっていってたけど、アルチュールなんかのドコがいいんだ!「ロミオとジュリエット」を英会話教室で持ち出して、それを現してたけど・・・ただのゴロツキじゃないか!)

きっと、マヌケな三人組でした、ちゃんちゃん、でいいんだろうけどね。

オディール役はゴダールのミューズ、アンナ・カリーナ。思ったより大きくてビックリ(笑)
ちょっと困ったような大きな瞳がとってもキュート。

映画監督や演出家のミューズって憧れるわ。ふふふ。
[PR]

by oko50525 | 2010-06-15 12:02 | おすすめ映画

私と踊って

この週末は庭劇団ペニノとピナ・バウシュという二大好きカンパニーを見れて充実でした。

庭劇団ペニノ「アンダーグラウンド」@シアタートラムは、
女性医療チームが心臓を取り出すまでの手術ショーってことで、
生演奏やら、映像やら、素晴らしいセットやらで、空気感が最高だった!
内臓やら足やらの小道具も素晴らしい出来!!見てたらホルモン食べたくなった。

本当は、もう一押し、なにかあってもいいんじゃない?と思わなくもなかったけど、
パフォーマンスとしては最高だったなぁ。好きだなぁ。
(にしても、隣の席の落ち着きのないおっさんには閉口。トラムは椅子がつながってるからヤツが動くと、こっちまで振動がくるんだもん!!アイツさえいなければ、もっと集中して楽しめたのに!)

終わってから初めてトラムの楽屋へ。みさおちゃん、おつかれさまでした。
で、三茶でねえねと飲んで、完全に二日酔いになりました。。。調子に乗りすぎたな、自分。

日曜はヴッパタール舞踏団「私と踊って(Komm tanz mit mir)」@新宿文化センター

7列目ってことだったんだけど、前が潰されてたので、実質3列目センター!ちかっ。

「私と踊って」、かなりヘビーな内容でした。より芝居に近い印象。
写真だと楽しい話だと思ったのに、この重さは衝撃だった・・・
ユーモア部分が少なくて、ダンサーたちの喜怒哀楽(特に怒と哀)が迫ってくる。
b0044209_9375364.jpg

今回は「男と女」の関係性にフューチャーされていた気がする。それもヘビーな・・・
セリフは日本語訳にしているものが少なくて、ドイツ語(?)で話すので、
具体的な意味はわからないけど、発している声の音で、だいたい、どういうことを話してるか分かる。

多くのダンサーがドイツの民謡を歌うんだけど、みんな、声が奇麗で素敵だった。。。

「愛による幸せ」より、「愛による苦しみ」が強いかなぁ。
ヤマアラシのジレンマじゃないけど、近づきたいのに近づけないというか、
こっちに来て愛して欲しいのに、思うようにいかない苦しみとか。

メインの女性ダンサーの鬼気迫る演技(?)に、胸が苦しかったなぁ。
少女のようであり、娼婦のようであり、母のようであり、悪女のようであり、
女性の持つさまざまな感情を、2時間でありったけ見せられた。
カーテンコールで相手役の男性ダンサーにキュッと抱きついた時は涙が出そうになったよ・・・
この役割は精神的に相当キッツイと思うもの。。。

男性の方が白いスーツにサングラスってことで、フェリーニの「8 1/2」のグイドみたいだった。
特にいきなり怒ったり、女性を追い詰めるシーンが重なるところは、
妄想のなかでグイドが女性たちを調教しているシーンを思い出した。ラストも手をつないで周るしね。
あとフランソワ・オゾン監督の「ふたりの5つの分かれ路」とか。

舞台上から、不思議な香りがしてきていたような気がするんだけど、気のせいかな?
出演者の香水なのか、舞台装置の木の香りなのか、いい香りだった。
b0044209_9453351.jpg

ラストが前列だったこともあって、圧巻だった!!
ダンサーがツラまで出てきて、「Komm tanz mit mir!!」って叫ぶの。
あと30秒多く叫ばれてたら、私、普通に舞台に上がっちゃってたと思う。笑
(本当に「え?行っていいの?行くよ?」ってなってたもの。腰、ちょっと浮いてた)

最近、自分がやってあげた分、返して欲しいって思いが強くて。
私は、あなたに、これだけのことをしてあげてるのに、あなたは私に返してくれないの?って
イライラすることが正直多い(最近も実際あって、腹立たしかったけど諦めた。どうせ伝わらん)
それに、そういう場合って、私は「やってあげた」「提供してあげた」という偉そうな気持ちでいるけど、
あっちは「当然のこと」くらいに思ってたり、場合によっては「え?なんか私にしてくれた?」くらいに思ってたりするので、より一層、腹が立って哀しくなるので、もう何も期待すまい、となる。
偉そうな気持ちでいる自分が悪いのは分かってるけど、分かってもらえないのは哀しい。だから逃げる。

でも「男」と「女」の関係においては、そこで諦められなかったりする。
わかって欲しい思いで、衝突して、傷ついて、逃げ回って、またぶつかって、そりゃもう、大変。
昨日の舞台は「私と踊ってよ!なんで踊ってくれないのよ!」という痛切な思いがあって、
伝わらなくって、色仕掛けしてみたり、泣いてみたり、怒り狂ったり。。。
でも相手にしてみりゃ「なんで踊らなきゃならないんだ」ってことだったりもして。
相手を躍らせるって、すっごく難しいことだな、と。人なんて思い通りに動かせないもの。

ダンサー全員がむき出しの感情で舞台に立っているのが
ピナの舞台を見て、すごいと思う要因なのかもな。感情が裸。

私も今週から芝居の稽古が始まります。
少し、私を囲む日常から離れて、裸の心になってみようと思います。
[PR]

by oko50525 | 2010-06-14 09:57 | ダンスのこと

湖のほとりで

一昨日は、青☆組「恋女房達」@アトリエ春風舎を見てきました。
青☆組の役者さんは、皆さん、素敵なので、客出しで見かけるとドキドキします。
ちょっと毒があって、でも愛がある夫婦のいくつかの話。
しかし、出てくる男の人はダメ男ばかりで、女性はしっかり逞しい。
男性のお客さんはどう見るんだろう?

昨日は東京で仕事があったので、帰りに国立近代美術館フィルムセンターへ。
いま、ここでは「EUフィルムデーズ2010」が開催中。6月20日まで。
ヨーロッパの映画22作品を上演。これが、なんと500円で見られるという!!
私が以前、Blogで紹介したベルギー映画「ロフト.」や「スラムドッグ・ミリオネア」もかかります。
映画館、結構込んでたけど、座れないほどじゃないし、オススメ。

私が見たのは・・・
アンドレア・モライヨーリ監督「湖のほとりで」(2007年イタリア)

真実は深く そして美しく 眠っている

☆あらすじ☆
北イタリアの小さな村の湖のほとりで、美しい少女アンナの死体が見つかる。殺人事件として捜査の陣頭指揮をとるベテラン警部のサンツィオは、争った跡がないことから、顔見知りでしかも彼女を深く愛していた者の犯行と推測する。アンナを溺愛していた父親、第一発見者のマリオとその父親、恋人のロベルト、ベビーシッターをしていた赤ん坊の両親らの証言から生前のアンナの実像に迫りつつ容疑者を絞り込んで行くのだった。@goo映画
b0044209_9414121.jpg

しっとりとした、美しい映像美に、まずうっとり。
現場検証のシーンが特に美しくて、幻想的な絵画のようだった。
静かで穏やかな事件とは縁のなさそうな北イタリアの小さな村。
そこでおきた殺人事件・・・なんだけど、ありがちな「やじ馬」根性的な話ではなく、
淡々と警部が事件を追っていくさまが綴られ、それぞれの家族の抱える問題が浮き彫りになっていく。
b0044209_9454533.jpg

もうちょっと証拠集めてから容疑者にしようぜ、警部!ってくらい、
警部の行動が短絡的なのが気になったけど(笑)イタリアの警察はあんな感じなのかな?
怪しいからって、拘置所に人を集めていったら、満杯になっちゃうよ。

見所は、そんなところではなく(当たり前)、一人一人の抱えている問題の重み。
亡くなった少女にも、その家族にも、村の人々にも、もちろん警部にもある家族の問題。
それらが、じわじわと明るみになっていく流れは、アガサ・クリスティーの小説を読んでいるよう。
家族っていう、離れがたいコミュニティーだからこそ、生じる問題の重さを感じた。
b0044209_9544070.jpg

だからといって、騒ぎ立てたり、泣いて逆上したりすることなく、
あくまで静かで、穏やかで、水彩画のような流れの映画でした。
ラストシーンが、また良かった。これはなかなかないパターンじゃないだろうか?

どんなに問題があっても、受け入れるのが家族で、受け入れられなくなったらおしまいかもしれない。

重いけど、ちょっと疲れているときに観ても大丈夫な映画だと思います。こちらもお勧め!
[PR]

by oko50525 | 2010-06-09 09:57 | おすすめ映画

願望が満たされる。

毎日いろいろあって過ぎていくので、なかなか日記がかけませぬ。
今日は超プライベートなことをいっぱい書くぞ!

先週は近所のバーでライブ見て、シノこも邸で20人以上集まってパーティーし、
いつの間にか、メンバーに子ども(3人!)が含まれてることに驚く。笑
このうち、2組のカップルは結婚パーティにも参加させてもらってるので、感慨深い・・・。

あ、私は、いつ会っても変わらない女を目指します。←いいのか?

芝居も見ました。
土田英生演出「初恋」@三鷹星のホール。
今井さん、仁さん、素敵だった・・・差し入れ変なのあげちゃったことを後悔。。。

音楽面ですが、まずは久しぶりに、
Jill-decoy association 「パリデコ」@クエストホール

対バンのPARIS MATCHさんは初見だけど、心地よかった~
ボーカルのミズノマリさん、かわいい、きれい、素敵。

で、ジルデコですが、いや~、パワフルだった!!
本当にジャズ?ロックじゃなくて?って感じでしたわね。
椅子席でガンガン揺れてたので、途中で立たせてもらえてよかったよ。
(MCで「立つ!」っていうボーカリスト・チヒロ。「たて」じゃなく「たつ」。先生か。笑)

久しぶりに「アイロニー」が聴けて嬉しかったわ。カラオケに入れて欲しい曲NO.1。
アレンジが大人な雰囲気で、良かった~


秋にクワトロワンマンがあるから、行きましょう、みんな!(呼びかけ)

そして昨日は、珍しいキノコ舞踏団所属・篠崎芽美ちゃんのソロダンス公演「ウェルダン」
メミちゃんのダンス、久しぶりだけど、カッコ良すぎてシビれた!!!
連れの牛も興奮しておった(「モー」。仲間が目の前で食われていたからか?)
肉をガンガン焼きながら、必死で食べる姿に、女子の生き様を見たよ!
あ~、もうカッコいいなぁ(ため息)

若い女子二人(チヒロ、メミちゃん)のカッコ良さを目の当たりにして、
三十路過ぎの私、ちょっと反省・・・やはり、積み重ねが大事だよな。今更だが。

そして、夜はGettingBetter~14th Anniversary Party”Extra"@渋谷O-EAST
高校生のカワイイ男子にチケットを譲ってもらい(ありがとう!)
その日、はじめましてのバンビちゃんと二人で会場へ乗り込む!

出演はBIGMAMA / a flood of circle /Champagne/THE BAWDIES←ココ目当て

対バンはどこも始めましてだったんだけど、BIGMAMAでダイバー続出!
ダイブする感じのバンドでもないなぁと思ったんだけど、大海原をダイバーズが転がっていったよ。

とりあえず、私たちは体力温存でバーの前の見やすい段差上をキープ。
しかし、盛り上がるフロアーを見てウズウズ・・・
「今日は後ろでしっかり観賞しよう」と思っていたのに、
ボゥの前になって、目の前の柵を乗り越え(笑)フロアーに突撃した私とバンビちゃん。
私はTAXMAN側の前方センター寄りをキープ。←なぜか、つい下手に行くクセが
バンビちゃんは始まる直前に、センターのモッシュゾーンに果敢に飛び込んでいきました・・・!!

前回のオールナイトイベントと違って、ステージが高いから、今回は全員見れた!!
MARCYの笑顔が見れた時は、正直、アガったね!!あとJIMくんの暴れっぷりも確認。
もちろん、今回はROYくんの笑顔もカミカミのMCも堪能したよ!!
かんだ後に、TAXMANのほうを見て、舌を出したのが可愛かった☆
YOU GATTA DANCEのシャウトで詰っちゃったのは可哀想だったけど、叫んで発散してた!
あとTAXMANは、一番美形だと思うんだけど、どうでしょう??スタイルバツグン~。

私のいる位置は、おとなしめの女子が多かったので、フロアーにゆとりが!!ラッキー!
前にいたアラサーカップルと私で、踊り狂っておりました。笑 まだ若いぜ、自分!

ほとんど、地に足つけてないってくらい飛びまくってましたわ。
1時間程度だったはずなのに全身、汗でびしょぬれだった・・・ボトム、変色してたし・・・
これがワンマンだったら、どうなっていることやら・・・!?

あ~やっぱツアー行きたいよ~!!!(絶叫)
イベントだと、やる曲が割と決まっちゃってるんだもの。
SADSONGとかI WANT TO THANK YOUとかSOMEBODY HELP ME とか、
もっともっと聴きたい曲がいっぱいあるのにぃ!!
AXは、2日間とも取れたんだけど、秋まで待てませんよ!
次の参戦は2000+10・・・でも踊り狂いにくいし、8月だし!うぅ、待てない・・・

[PR]

by oko50525 | 2010-06-07 11:16 | 参加したイベント

踊り狂いたい願望。

あたし、単純なので、夏が近づくとテンションが高くなります。
今は脳内ロックフェスに続き、徐々に脳内がクラブ化してきてます。
頭の中だけで踊るので疲れないけど、痩せもしない。そしてストレス発散としても微妙。

仕事も立て込んでいるので、移動時間に音楽聴いてるのが一番の至福です。
おかげで、耳が遠くなってきた気もします。

RIDDIMのライブも行きたいなぁ。
でもFEVERのチケットはSOLDOUT・・・そりゃそうか。
家の近所なのにくやしけり。

やはり、宮崎まで行くべきなのだろうか、レッツSUNSET。


[PR]

by oko50525 | 2010-06-04 13:55 | 日常のこと

脳内ロックフェス

バンド組んだらドラマーがいいなぁ、とかボンヤリ脳みそで考えてる私です。お久しぶり。

音痴(音域がメチャ狭い)なので、ボーカルは絶対ムリだし、
ギターとかベースは難しそうだし(ドラムだって難しいだろうというツッコミはなしで)

一番の理由は、いまさらエルレのライブ映像見てたら、
Dr 高橋さんのプレイが激熱でカッコよかったからなんだけど!!爆
ドラム壊れないか?ってくらいの叩きっぷり。
↓細美さんの後ろで歌いながらニッコリ笑顔になるとこは最高!キュン死するわ!



というわけで、とりあえず、2000+10の抽選に申し込みました!
本当は野外で暴れたいけど、涼しく快適な環境でじっくり見るには、このフェスが一番いいからさ。
スカジャンとSUNSET、SLSと魅了的なフェスが多いけど、まだまだ悩みます。
あと、お金貯めないとね。←一番重要

では、また!!
[PR]

by oko50525 | 2010-06-03 17:18 | 日常のこと