<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

決意が揺らぐがすぐ立ち直る

b0044209_22563848.jpg

先々週受けたオーディションの落選通知が届く。
片道3時間かけて会社休んで行ったのにな、イケる気がしてただけに落ち込むが、またすぐ立ち直ってしまう私。
もっと悩む体質なら良かったけど無理。

メイク落としと間違えて除光液で眼をぬぐったけど、こちらも大丈夫だった。
左のがメイク落とし、右が除光液…似ても似つかないボトルなのに!

なんか迷走中だし、占いにでもいきたいな。
いい占い師、だれか知りません?

しばらくインプット生活を続けたいと思います。
[PR]

by oko50525 | 2009-06-30 22:56 | 日常のこと

「桜姫~清玄阿闍梨改始於南米版」

昨日は女優・佐野みかげ嬢のお誘いで現代版「桜姫」@シアターコクーンに行ってまいりました。

串田和美さん演出ということで、明るく楽しい観客参加型芝居だろう、と思っていたら、
脚本は長塚圭史さん・・・なにやらグロそう?とういうか一筋縄ではいかなそう?
b0044209_15195951.jpg

原作は鶴屋南北の歌舞伎「桜姫東文章」。これの現代版?です。
私は何の予備知識もなくいったので、最初、ちょっと話についていけず苦労しました。
これからいく人は、先に原作のあらすじを知っておいたほうがいいかも?
b0044209_15284857.jpg

以下、ネタバレ・・・
現代版といっていますが、舞台は南米(!)、南米版のほうが合ってる。
清玄は「セルゲイ」、権助は「ゴンザレス」。衣装も空気もドロクサーい感じ。
内容もトンデモなくて、改編しまくってるのかしら?と思ったら、
話の筋は原作とそんなに違わなくて逆にビックリ・・・セルゲイのゲイ設定も原作通りだったのね。
ウィキとかで載ってますので、興味のある方は、ぜひご一読を!すごい話よ、本当に。

大竹しのぶに秋山菜津子、古田新太、笹野高史、白井晃、中村勘三郎・・・と、これでもかの豪華キャスト。
大竹さんの芝居は初めてなんだけど、あの無垢な佇まいは、とても実年齢には思えない・・・
大竹さんと勘三郎さん、古田さんの塗れ場は、若手には出せないスゴイ迫力が(笑)

白井さん(セルゲイ)の声が良く響いて男前で、まるで青年のようでした。ゲイっぽさも出てたし。爆
迷える姿が似合う・・・。カラマーゾフのイワンをやってほしい!!

笹野さんも、軽やかで楽しげに舞台に立っていてステキでした。

古田さんも楽しそうだったなー。
自殺する前の佇まいは、奥さんを亡くした虚無な空気がジワーと溢れてて、グッときた。
死ぬときのヘン顔は反則だけど(笑)

勘三郎(ゴンザレス)さんは、なんだかセクシーなのよねぇ。悪党なんだけど憎めないキャラがハマってる。

あと、ルカ役の井之上隆志さんが佇まいが自然(チンピラだけど)で、声もムリなく通っててステキだったー。
自由劇場出身の俳優さんは、立ち方が奇麗だと思う。大森博史さん系のステキな俳優さんでした。
b0044209_1556187.jpg

ルカの「世の中には自分が2人いて、自分に不幸があった時は、もう一人の自分が幸福になっている、
そうやって、折り合いをつけて、納得させて生きていく・・・」というようなセリフが印象的だった。
このセリフが最後に生きてくるので、「あ~」と納得してしまった。
「死のう」というセルゲイと、「生きたい」というゴンザレス。
人間って、いろいろ相反する部分を両方持ち合わせているんじゃなかろうか。

前半、ちょっとセリフが聞き取りにくい&展開が速くてついていけなかったので、
DVDにでもなったら、改めて見直したいです(12000円の舞台は、もう一度行くにはチトきつい)
みかげ、誘ってくれてありがとう☆

終わってからみかげ姫と相合傘で(笑)焼き鳥屋さんへ。
やっぱり芝居の話をするのが基本的に好きなので(爆)、ついつい話せる人には語ってしまう。
帰り道、雨が小降りになっていたのに、三茶についたらドシャ振り!!
バス停から5分ほど、ダッシュして帰りました・・・

それだけのダッシュで本日、筋肉痛・・・これくらいで筋肉痛って!
桜姫の出演者は私より年上だらけで、みんなダッシュしたりしてるっていうのに、おいー。
あたしも負けずに身体を鍛えようと思った夜でした。
[PR]

by oko50525 | 2009-06-30 16:00 | 観劇したもの

Towerと美味しい食事と

病とか書いて世間を騒がしている?私ですが、正解はただのジンマシン?です。
でもかゆくて、かゆくて、座ってるのもキッツかったので、乞局以外、芝居関係はいけませんでした。。。
ゴメンなさい。たくさん見たい芝居あったんだけどな。ロロとかさー。

で、体調が戻ってきた週末は、遊びほうけてやりました!
【金曜日】
ラーメンズ
「Tower」@グローブ座

E列センターの良席!プレオーダーはいい席がない、というチケット界の常識が覆される。爆
毎回、なんとなく泣けてしまうラーメンズ。今回はタワーおたくの話でウルウルしてしまった。
賢太郎氏が演じる、情けないキャラに弱いのかもー。
2人とも、若干痩せたように思えたんだけど。。。長いツアーじゃ、痩せもするか?

個人的に、しょっぱなのコントのあとに、客席に頭を下げて挨拶する二人にグッときた。
ナマの舞台がテレビや映画と違うのは、お客さんに出演者が頭を下げるってことかもしれないわ。
歌手だって、頭下げるもんねー?

ありきたりだけど、アッという間の120分。2人とも本当にステキでございました・・・ポッ

【土曜日】
暑さで夕方までとろける寸前。
こんなときに限って、隣家が庭師を入れて、チェーンソーでギーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ
って大音量を鳴らしているものだから、窓を開けるのもツライ状態・・・蒸し焼きになるかと思った。

夕方からは、きっき邸でアマゾネスこと出戻り4姉妹と、ラーメン大好き小池さんによる食事会。
あたくし、相当酔っ払っておったらしく、帰りの電車は眠くて眠くて超辛かった!!
b0044209_102323.jpg

おいしい食事は、人を雄弁にする・・・アマゾネスのぶっちゃけトークは男子にはキツかったであろう。
肉食女子による濃厚な夜であった(肉食女子はから揚げも食い尽くす。私を筆頭に)

【日曜】
前からデートしたかった女優・西田夏奈子嬢をお誘いして、
東京フィルハーモニー交響楽団による歌劇「椿姫」(チョン・ミョンフン指揮)@オーチャードホール
b0044209_10291821.jpg

コンサートスタイルオペラということで、オーケストラの前でオペラ歌手が歌うスタイル。
オペラ歌手の登場だけで鳥肌の立つ私。なんだろう、やっぱオーラが違う?

「椿姫」はヴェルディの代表作なわけですが、高級娼婦と、彼女に恋した青年貴族の悲劇。(まとめすぎ)
身分違いの恋ですね、いわゆる。で、貴族である父親の反対にあったことで、悲劇が訪れてしまうわけで。
教訓としては「親離れ、子離れはお早めに」
ほかにも子どもっぽい男と付き合うな?とか、飲みすぎ注意?とか。

コンサートオペラなので装置は何一つないのに、オペラ歌手の表現力(演技力)で、
周りの情景が浮かんでくるのが素晴らしい!オケの音で、風が吹いてるとかも分かるしね。
ヴィオレッタ役のマリア・ルイジア・ボルシが若いだろうに、セクシーで美人でステキだったー。
特に最初の鼻持ちならないナマイキそうな娼婦から、最後、結核で不幸のうちに死んでいくところは、
衣装が変わっていないにもかかわらず、物凄い時間経過を感じられたほど(髪型は変えていく)
表情も豊だし、演技も無理がなくて、素晴らしかったわ~!

パパ役のヴァシリー・ゲレッロ(イタリア伊達男風)が客席では大人気!投げキッスしたりセクシーでした。
アルフレード(青年貴族)役のダニール・シュトーダはパパより大柄なのに、
まだまだ若いお坊ちゃん、っていう雰囲気が出てたなぁ。

素晴らしいステージでしたー!!名曲も多いし、堪能したわー!!
オペラより安いけど、オペラを見てるのと同じだけのモノが得られますよ。

本当はカーテンコールを最後まで見たかったんだけど、その後の大仕事があったので早々に退場。

そして!!トップランナーの観覧へ!そうよ、旬くんが出るのよ!あたったのよ~!!
集合時間まで10分しかなかったので、あたしがトップランナーと化して猛ダッシュでNHKへ!
最後のほうだったけど、せまーいスタジオなので、一番後ろでも4列目。
前に男性が多かったので、(カップルできてる人が多かった!)その合間から旬くんをガンミしてました。

内容はヒミツですが、ファン歴の長い私でも初めて聞く話もあったし、充実の内容になってますよ。
収録は2時間半。こんなに旬くんと長時間いられるなんて・・・カ・ン・ゲ・キ☆

放送は9月4日の深夜です!お忘れなきよう!
[PR]

by oko50525 | 2009-06-29 11:02 | 観劇したもの

月がキレイね。

b0044209_13385855.jpg
今週はちょっと体調が悪いというか、とある病?にかかっており、家でばかり過ごしておりました。

私は、今、住んでいる自分の町が好きすぎるほど好きで、
夜、ほとんどシャッターの閉まった商店街を歩きながら、
うっかり幸せすぎて泣きそうになるくらい、愛しちゃっているのです。

歩いていると若者の集まるカフェがあったり、いつも混んでいる焼き鳥屋さんがあったり、
魚屋さんや八百屋さんが水をまいていたり、
碁会所で囲碁やら将棋をうっているおじちゃんたちがいたり、
レンタルショップのおじさんが棚を片付けていたり・・・
ほとんどの店が窓から中が見えるので、つい覗いてしまう。生活が見えるって幸せ。

最後に酒屋でビールも忘れずに購入。
ここの金髪のおじさん(お兄さん?)も笑顔が優しくて好き。

昨日は商店街とは別の隣町の駅のほうから帰りまして。
犬を連れてるおばあちゃんがいたので、ついジロジロ見ていたら(犬に触りたい病)
おばあちゃんに「月がきれいね」と話しかけられました。
突然のことで、どう応えていいか分からず「ああ・・・天気がいいですからね!」と応えた私。
夜に天気がいいって・・・おばあちゃん、特に返答せず・・・そそくさと逃げる私。

もっと、うまい返しがしたかった(そして犬に触らせて欲しかった)と思い、
打ちひしがれて歩いていると、すぐ先でサラリーマンが写メで月を撮っていました。

ママにそのことをメールすると
「マチャも外に出てみたよ、ホントに眉毛みたいな奇麗な月(絵文字)やねえ~~」と返事が。
眉毛・・・眉毛って・・・奇麗??? 切った爪みたい、と思った私とドッコイか。

M・ジャクソンが亡くなったのが、哀しい私。
カレのPVを見て、「PV作る仕事に就きたいなー」と思ったのであった(夢叶わず)
特に「Black or White」とかさー、あの時代には衝撃的だったよ(PV集も買った)
安らかに眠ってほしいです。。。
[PR]

by oko50525 | 2009-06-26 13:39 | 日常のこと

Noism 「ZONE~陽炎 稲妻 水の月」

豆苗、あっという間にモサモサになってきました。
そろそろ、食べ時かしら?もう一回くらい栽培できるかな?

冷蔵庫に何もなくて、缶詰食べて生活してます。
買い物行きたいけど、残業続くとスーパーに行くのも、おっくう。雨の日は特に。

さて、先週のお休みはNoism「ZONE~ 陽炎 稲妻 水の月」@新国立劇場
絶対行きたい、でも行けるか微妙でチケットを取っていなかったため、2時間前からキャンセル待ち。
その場で待つのもイヤなので、荷物を置いて、待っている間に「6+ アントワープ・ファッション展」を覗く。
明らかにファッションなんて興味ないだろ、って服装の私。
いかにも服飾やってそうな若者に紛れてみてきました。
b0044209_10141793.jpg

ま、ほんとに服とか興味ないんですけどね、自分。
実家ではよく衛星放送でファッションショーをパパと見てたんだけど、
どちらかというと、服より使われている音楽や舞台装置、終わったあとのパーティの様子の方が見たくて。
(パパは「おっ、いいオッパイだな!」とか、「いいオシリだ」みたいにモデルさんを見てた。笑)
アントワープだって、名前しか知らなかったくらいだし。

でも、今回の展示は、オペラの衣装みたいな、独創的なデコラティブなものが多くて、面白かった。
明らかに着心地悪そう、とか、どうやって着るの?っていう服を見るのは楽しい。笑
ただ、この展示で1000円くらい取るのは、どうかと思うけど・・・並んでるだけだもん。

それより、2Fの「Project N」のほうが面白かった。ここは毎回、私好みが多い☆
今回の作家は阿部岳史さんという同じ年の作家さん。
b0044209_10452125.jpg

色付きキューブを配列から、人物のような風景のようなものがポヤーっと浮かび上がる。
前から見ると、なんだか分からないキューブの配列も、横から見ると人だったり、ショーウィンドーの明かりだったり。
見える位置を探して、真横に立ってみたり、斜めに立ってみたり、グルグルしちゃいました。
ハッキリ見えそうで見えない世界は、雨の日に車から見てる外の風景のよう。
不安だったり、モワモワしたり、つかめそうでつかめない何かみたいだったり。オススメです。
b0044209_10454072.jpg

アートを堪能してから、無事入れたNoism。センターの中央くらいの列で見やすかった!ラッキー!
b0044209_1040312.jpg

一部は、Noismらしくも、モダンバレエ的なダンス。すっごいカッコイイ!鳥肌が止まらなかった!
二部は、ストーリー性のあるような、ないような、民族的な衣装に身を包んだ人々の宴のようなダンス。
衣装は元オリーブ少女にはお馴染み、三原康裕
民族チックな柄+柄な衣装は、アントワープ展に通じる物が。
ひとつひとつは魅力的だけど、ダンサーの肉体の動きが見えないのが物凄く残念!
とくに一部で、全身の筋肉の動きに魅了された後だけに、見たい欲求を封じられた感じ・・・
音楽、装置も凝っていて、全体的にやりすぎ感も・・・肉体だけで見せられるNoismにはトゥーマッチかな。
三部は、ちょっと独特な今時の?コンテンポラリー風なダンス。現代人の内面?見てて怖かった!

というわけで、無事見られて、本当に良かった!!
今回の金森さんのチラシの言葉がかなり挑戦的で、ドキッとしたんだけど、
実際に踊りを見ると、言っていることが分かるというか。

ただ、金森さん(二世)のようにダンスをやるのに適した環境に生まれられる日本人は少ない。
だから、「子ども身体」とか、日本人の個性を生かしたダンス(コンテ)が日本から生まれたことは自然だし、
それによって、表現の幅が広がったことはイイコトだと思う。
日本人の子ども体型から出来たということ自体、日本のコンテという、ひとつのカタチだもの。
これをきっかけに、ヨーロッパのように、技術を磨けるシステムや環境が増えればいいんじゃないかな。
今、日本でバレエやダンスをやろうとしても、どうしても極めたければ海外にいくしかないからね。
日本にNoismというプロのダンスカンパニーが出来たことは、素晴らしいことだと思うし、もっと増えてほしい。

もっともっと、ダンスを見る人が増えてほしいな~。ほんとに素晴らしいから!!
[PR]

by oko50525 | 2009-06-24 10:40 | ダンスのこと

少しだけ遠出

b0044209_1153046.jpg

昨日は片道3時間のプチ旅行をしてきました。観光ゼロだけど。

色々な人の話を聞くチャンスがあったのだけど、
人間の人生って何もないようで、みんなドラマチックだなぁと。
私なんて平々凡々を絵に書いたような日々なので、
みんなの話はまるで小説でも読んでいるようでした。

二人の子持ちの主婦、絵描きさん、釣りが趣味の女の子、芝居を辞めて2年経った女性、旦那の家に入ったけど友達もいなくて引きこもりの主婦…

自己啓発セミナーじゃないけど、みんな生きながらモヤモヤを抱えてて、誰かに聞いてもらいたいんだな。


私は幸いなことに友達に恵まれてて。
辛いときは話を聞いてくれる人がたくさんいる。
それって随分贅沢なんだなぁ。

本来の目的とは違ったけど人間が見えたような1日でした。


写真は先日買った豆苗。
根が残ったので自家栽培中。
二本だけすくすく伸びてます。
早く食べたい。
[PR]

by oko50525 | 2009-06-20 11:53 |

地獄の扉が今、開く ~開店 喪呂図魅庵~

「もてなし上手になる」と数年前から言っている、けど実行してなかった私です。
一人暮らしも早半年。人を家に招くという試練(来るほうにとっても試練)を実行に移しました。

その名も「割烹 喪呂図魅庵」
三十路すぎて包丁を握った女の手料理が食べられる悪夢の小料理屋です。
初めてナマコを食べた人並みの勇気を必要とする恐怖体験。
そんな場所に怖いもの見たさで参加表明してくれた猛者4名(生贄とも言う)をお招きいたしました。
(2名は殺気を感じたのか、ギリギリで辞退。賢明な選択)

店主・喪呂図魅は昨日も仕事だったため、朝からお掃除&買出しへ。
割烹なんて言っているけど、要は飲めればいいので、ジャンルを気にせずお料理を用意。

まずは下拵え。参加者と楽しい時間を過ごすために、先にできるものはやっておく。
b0044209_99197.jpg

そして、本日のメニュー。
・風に吹かれて豆腐屋ジョニーの玉葱乗せ
・キュウリのショウガ漬け
・真鯛のカルパッチョ 柚子こしょう風味
・豆苗のごま油炒め(写真ナシ)
b0044209_9121122.jpg

・プルコギ風豚肉のショウガ炒め
b0044209_9132245.jpg

・フーチャンプルー
b0044209_9133878.jpg

ここまでは順調な流れであった・・・
締めに、青梗菜とエビの焼きソバ・・・を作ったのだけど、
それまで「おいしい」と言っていた生贄たちが、「味がしない」「麺が切れてる」「あれ?ここだけ辛い」など、
ナマイキなクチをききだしやがりました。うーむ、やはり毒を盛ってやるべきだったか・・・
でも完食してくれた。どんだけ、腹をすかせてたんだよ、みんな!

今頃、腹を痛めているであろう生贄たち↓
b0044209_9173690.jpg

お片づけもみんな手伝ってくれて、大層、助かりました。
これからは、私も人の家でも手伝おう(招かれた時は完全に何もしない私)

おもてなし、思った以上に楽しかった~。
人の家に招かれるのも好きなんだけど、我が家に招くのもかなりイイわ。
生贄による毒見も終わったことだし、また開催したいと思います。
今のところ、私の手料理による死者は出ていないみたいだし。
我こそは!という勇気ある者の参加をお待ちしております。。。。フフフ。。。。

※くるりの「魂のゆくえ」いいよねぇ。歌詞の一部で泣きそうになるのは私だけ?
[PR]

by oko50525 | 2009-06-15 09:26 | 日常のこと

伊達男と、うかれ女のスペシャルナイト

最近、運が尽きたんじゃなかろうか?という運だけで生きてきた私にはスペシャルピンチな日々。
もともとストレスを感じにくい鈍い精神なのですが、心が感じないと身体にキテしまうという。
私、ストレスを感じた瞬間、眠くなります。笑
お店でお買い物してても、突然眠くなる。ナルコレプシーか、っつーくらい。危険。

そんなイマイチな毎日の中、昨日は大好きなSOIL"PIMP"SESSIONSのライブにいってきましたー!
仕事が忙しくて、チケットを取るのを渋り、当日券で並ぼうかなーとモヤモヤ前日から悩んでいたら、
イトコから「ソイル行かない?」と突如お誘いが!!天の声!!
もちろん、仕事はソッコー切り上げて、行ってきました赤坂BRITZ!
b0044209_9173469.jpg

オープニングは全員のシルエットだけのなか演奏がスタート。カッコイイ!
ジャミロのマークみたい」ってあとで言ったら「ぜんぜん、ちがくない?」といわれる。
確かにジャミロと体の幅(!)が違う。でも社長の帽子のシルエットがジャミロっぽかったんだもーん。

久々にガツガツ踊り狂っただす~!!
途中、床に誰かが飲み物をこぼしたらしく、床がベタベタでサンダルが剥がれなくなる!爆
ゆえに「ロックンフラワー」状態で、足が付いたまま揺れることに・・・すげー粘着力だった。
騒いで踊って、いい汗かいたわ~!!クラブもいいけど、生音には敵わないよねー。
社長のスキャット、すげーカッコ良かったわ。丈青さんがセンターに来たときも、萌えた。

イトコのはからいで、中打ちにもチョコっとだけ参加。
みどりんさんと元春さんに握手してもらっちった☆
ステージでの漢!な感じとはまた違って、2人とも目がキラキラで優しかったっす(感涙)

ついてない、ついてないと思ってたけど、この一夜だけで一気にラッキーガール(ガール?)になれた気がするよ~!
やっぱり、ついてる人なんだわ、私(単純) 誘ってくれたイトコに感謝☆

写真は「躍動感のある感じで!」というイトコの指示で撮った写真。←もらったよ、チーコ。OK?
b0044209_1122437.jpg

で、本日は昨日片付かなかった仕事のために出勤デス・・・がんばろう!!
[PR]

by oko50525 | 2009-06-13 09:29 | 参加したイベント

クローズZERO Ⅱ ~やっぱりガクラン萌え~

そろそろ終わってしまうので、慌てて「クローズZERO Ⅱ」を観て来ました。

ネット見てると「前作より好き」っていう声が高かったので期待。
というか、大好きなのだ、クローズ。三池監督サイコー。見た目、ヤ●ザだし。笑

今回は鳳仙学園とのバトルがメイン。
しかし、みんな律儀に通学してるけど、どっちの学校も先生いないよね?笑

今回もケンカシーンは圧巻!!
旬くんファンのあたくしですが、クローズに関しては断然、芹沢(山田孝之)派。軍団入りしたい。
芹沢のケンカシーンって「重さ」が感じられていいんだよねー。
身体がガッチリ系だから、拳が重そうなの。カッコイイー!!
源治(旬くん)はスマートで背が高いから、軽やかなんだよね。ジャンプして敵に突っ込んでいくトコはシュテキ。
今回は源治パパ(岸谷五朗)の拳も見れて満足。ステキだった。やっぱパパは強い。拳にも愛だな!

あと~イケメン揃いの鳳仙学園はたまらんかったっす!!肉体も美しい!

汚い鈴蘭の皆さん (汚い男子も好きだよ?)
b0044209_19481717.jpg


美しい鳳仙学園の皆さん (ガクランもグレーでオサレ)
b0044209_19485180.jpg

美藤竜也(三浦春馬)が、ムッサイ男たちのなかで一輪の花のようにキレイだった。姫かと思ったよ。
ずっと美藤のケンカが見たいーと心の中でウズウズしてたら、最後だけハイキックが見れた・・・
消化不良だっつーの!!クローズZERO Ⅲやってほしいっつーの。春馬くんの血まみれ希望(変態)

鳳仙学園幹部のイチオシは、漆原凌役の綾野剛くん!!
アンニュイな色白細身男子なのに、ケンカはメッチャ強いって!!マンガですか?!(マンガだよ)
ほかにも鳳仙学園の幹部クラスの男子は、みんな味があって、カッコよかったんだよねー。
もっと見たかったよ~!!!

今回は鳳仙学園メンバーのほうが、ドラマがあったばっかりに、
あまり鈴蘭チームには目が行かなかったなぁ。あまり笑えなかったし。
源治パパを巡る物語がドラマチックだったんだから、源治と源治パパの話をもっとやってもよかったのでは?
なんか、今回の源治はコツブっていうか、主役の扱いではなかった気が・・・
最後の成長した源治ちゃんにはグッときたけど。

それにしてもクローズの男子たちは、立ち方がキマってますな!
みんな、キャラに沿った立ち方なんだけど、本当に強そうに見える。
ちょっと反り気味に立つ鳴海(金子ノブアキ)と、猫背だけどガッチリしてるゴリ(笑。山崎努)のシーンで
2人とも立ち方がぜんぜん違うのに、両方強そうに見えた。なんだろう、あれ?

個人的にツボだったのは、美藤兄。どう考えても高校生には見えない老けっぷり。
美藤弟と血がつながってるとは思えない。
あと、「中学時代は、この辺の中学を牛耳ってた」ってセリフ。そうか、老けてるけど、まだ高校生なのよね。笑
中学生のトップかぁ。うーむ、ぜんぜん怖くないな、言葉だけだと。爆

やっぱり、まだ終わってほしくないなー。
「クローズZERO Ⅲ」を作ってほしい!!もっとバトルシーンが見たいヨォ!!

昨日はレディースデーだったんだけど、客席は茶パツカップル多かったっす。
そして、キャッキャしてる女子の集団はルーキーズを見にいってました。
更生したヤンキーより、現役ヤンキー見ようよ、みんな!
[PR]

by oko50525 | 2009-06-11 20:04 | おすすめ映画

カビが生えた。

b0044209_934107.jpg
昨日、青梗菜と豚肉(牛肉だと思って冷凍していた肉が豚だった)とシメジのオイスターソース炒めを作りました。
料理酒をドバドバ入れるのが好きなので、昨日も料理酒に手をかけたところ・・・口の部分にカビが!!
ウヒーと思ったものの、カビごときで貴重な酒を捨てたくないので、クチを拭いて、そのまま使用しました。
今のところ、オナカは痛くなっていません。

そして、今朝はお弁当にシャケフレークを入れようと、ゴハンにふりかけたら・・・なんかヘンな匂い??
ちょこっと食べてみたら、なんかスッパイ? グエーッ
慌てて、ゴハンからフレークを撤去。ゴハンを捨てるのはもったいないので、そのまま持ってきた。
お昼までにヘンな匂いがしていないといいんだけど。
シャケフレークの賞味期限は今年の秋までだったのに、なんで、こんなことになるのか・・・
ちゃんと冷蔵庫に入れてたのにぃ!!

それ以外にも、うちの冷蔵庫では、賞味期限前にダメになるものたち多数。
これから梅雨入りだっていうのに、心配・・・カビも心配。

キッチンに除湿機でも置いた方がいいのだろうか?悩みどころ。

写真は今日のお弁当。
シャケフレークが入れられなかったので、日の丸弁当になってしまった。
果たして、シャケフレークを撤去しただけでゴハンは無事だったのか。
あと数時間後に判明いたします。
[PR]

by oko50525 | 2009-06-09 09:34 | 日常のこと