<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

F/T09 転校生

この週末は、色々なアートに出会って、ココロかき乱されまくりでしたが、
一番キちゃったのが飴屋法水演出「転校生」@東京芸術劇場 だったわけです。

土曜日に、とある演出家さんが絶賛しているのをブログで見て、
そのまますぐチケットを取ってしまった「転校生」。
普段、誰かが絶賛してても、そこまでココロ動かされないのに、
気づいたらチケット購入してた。ムシの知らせとしか思えない。。。

★ストーリー★
21人の女子高校生のために書いた平田オリザの戯曲『転校生』に、演劇界・美術界で伝説的な話題を集める飴屋法水がSPAC - 静岡県舞台芸術センターの製作により挑んだ衝撃作の再演がついに実現。出演するのは、静岡県全域からオーディションで選ばれた女子高校生たち。ある高校の教室、いつもと変わらない日常に、突然ひとりの転校生が現れる・・。単調な日常に潜む他者との出会い、人間の存在の不確かさが浮かびあがる。
b0044209_14113289.jpg


飴屋法水氏のことは、ロマンチカ「PORN」の音楽担当の方ってことでおぼえていて。
演劇の人ではなくて、現代美術の人、しかもグロイ系の人、と勝手に頭の中で思ってた。
でも、もともと演劇の人なのね。そして「ホウスイ」じゃなくて「ノリミズ」なのね。両方ビックリしたポイント。

そんなことは、どうでもよくて。
『転校生』、前日予約だったこともあり、A席しか残ってなかったので、後ろから3列目くらいだし、
途中から入ってくるお客さんの物音がすっごく気になって(終わりの方でも入れてくるし)
それに加えて、役者の女子高生達が、みんないっせいに話すものだからセリフが聞き取れず、
「あ~、このままだったら、どうしよう」と思いつつ、一生懸命、聞き耳を立ててみてました。

あたくしも女子高出身。21人の女の子たちの同時進行なガチャガチャした会話の溢れる教室の風景には、ちょっと懐かしい物を感じたり。
彼女達の座り方一つ、荷物の置き方一つ、喋り方一つ、すべてが個性的で、
自分も女子高生だったことがあるくせに「女子高生」というカテゴリーを勝手に作ってしまっていたな、って。
女の子たちは、みんな、それぞれ人格を持った人間なんだなって。

会話の端々から感じられる明日への不安と期待、生まれてくることの不条理、日本に生まれてきたことの意味。
とっくに女子高生じゃない私ですが、ほんとに毎日のように「WHY?」について考えてて。
結局、女子高生を脱しても「WHY?」については分からないままなんだよ、って。
「何のために生まれてきたのか」なんて死ぬまで分からないんだよね。
でも知りたいよね。そして、意味があってほしいよね、って。

最後、女子高生たちが一列にならんで、「せ~の!」ドンってジャンプするところで、
訳もなく泣けてきて、あ~、やばいな~って、こういうのって、私の好きな涙だな~って。
スゴイものを見たときって、なんだか分からない涙が出てくるんだよね。
感動した、とか、哀しかった、とか、嬉しかった、とか、そういう言葉に、まだカテゴライズされていない「感情」が出てくる。この「感情」を言葉にできた人はスゴイと思う。まだ言葉になっていない、感情。

ジャンプしてる女子高生の身体からあふれ出る生命力がすごくて、
それだけで「生き物って、ここまでエネルギーがあるんだ」って、嬉しくなった。
そこにはウソがないんだと思う。演技ではないんだと思う。

飴屋さんってスゴイ!これは、演出の力だと確信するよ。

まだまだスゴイものに出会えて、あたしってば、幸せものだ。

それにしても、こうなると、役者の役割ってなんなんだろう?と、また迷宮入りしちゃうんだよなぁ。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-30 14:27 | 観劇したもの

沖縄ブラリ旅 3日目~ギリギリまで那覇堪能

3日目は曇りだったけど、昼から紫外線が襲ってきました。

3日間ウロウロした国際通りを、この日もウロウロ。
市場で、一通り、欲しい食材の値段を確認しながら歩く。
ちょうとWBCをやっていたので、お店の前のテレビに、観光客も地元の人も店員さんも張り付いて観戦してた。古き良き日本を思い出す(生まれてないけど)

前回の沖縄旅行でも行った、壺屋やちむん通りに再び。
陽射しが強くて疲れたので、古民家を改装したカフェ「うちなー茶や ぶくぶく」でブクブク茶をいただきました。
ベランダに見たことないカワイイ毛虫が歩いてた。写真撮ればよかったなぁ。
ヤツもコチラを不思議そうにみていた(気がする)

カフェを出たら道端でくつろぐネコ発見。だらしない体勢。
b0044209_15544289.jpg


再び、市場で食材を仕入れ、出発20分前に空港に到着!ギリギリだったけど、なんとかなったワイ。

あ~楽しかったなぁ、沖縄!!一人で充分楽しいよ、沖縄!というか一人が好きだ、あたし!爆
こうやって、お一人様人生は継続していくのであった。おしまい。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-28 15:57 |

沖縄ブラリ旅 2日目 ~北部を旅する

沖縄2日目は、周りから勧められた美ら海水族館と今帰仁城へ。
路線バスでも名護市まで2000円以上かかることが分かったので、
沖縄バスの定期観光バスツアーを予約(前日予約のギリギリガール)。

平日だし、大して混んでないかと思ったけど、ツアーは20人ちょっとで、そこそこいた。
団塊の世代っぽい夫婦や親娘、家族がほとんど。一人旅の方々も3名ほど。

まずは1時間ほどで万座毛に到着。「毛」は「広場」という意味だそう。
6年前にもきたんだけど、その時は「象の鼻」の上に行けたんだよね。今は入れなくなってたような?
写真が「象の鼻」です。そう見えるでしょ?この日は海が荒れてたので、波が結構迫力あった。
b0044209_9582979.jpg

この日の気温は21℃。湿気もそんなになくて、涼しい。

さらに北上して美ら海水族館へ!お昼も早々に食べ終え、出発!
オススメされていた黒潮体験は、すでに満員で出発時間まで予約できず、断念。
そんなに何の変哲もない水族館なのだけど、ジンベイザメの水槽はすご~い!!
b0044209_1024831.jpg

大きいよ、ジンベイザメ。口大きいよ、ジンベイザメ。背中に乗ってるコバンザメがかわいいよ。
私もジンベイザメの背中に乗ってみたい。ネコバスの次は、ジンベイザメバスがクルと思う。

そして、お外のイルカショーへ。イルカちゃん、お利巧。
シャチホコのポーズを決めるイルカちゃんたち。
b0044209_1033562.jpg

ショーのあとは、隣のイルカラグーンで、イルカちゃんの生態をお勉強。
普段見れないアソコ★もご披露してくれた。笑 イルカちゃんの笑顔はカワイイ。

イルカちゃんを堪能した後は、第二の目的地、今帰仁城跡へ。
b0044209_1051152.jpg

リトル万里の長城。敵からの侵入が難しい造りだったのに、裏切り者が表門を開けて、城が侵略されちゃったらしい。
そのときの当主は、自分で首をはねて自害・・・裏切り者、許すまじ!!(なぜか憤ってしまった)

それにしても、このお城、どういう形だったのか、皆目検討がつかない。
時間があれば資料館をもっとジックリ見たかったなぁ。観光バスのデメリットは好きな場所に長く留まれないことよね。

最後は名護パイナップルパークでお買い物タイム。
だったらしいんだけど、買い物にサッパリ興味のない私は、恥ずかしげもなく一人でパイナップル号にライドオン!
b0044209_10104151.jpg

途中で写真を撮られるのがモウレツに恥ずかしかった(でもちゃんとカメラ目線)
パイナップル畑のなかを走るパイナップル号。レールもないのに、なんで自動で動けるんだろ、意外とスゴイ。

帰りは高速でビューンとバック・トゥ・ザ・那覇。
行きの2時間半はノンストップトーキングだったガイドさんも帰りは黙っててくれた。笑
途中バスのなかで、みんなで沖縄民謡を歌ったりして、楽しかったんだけどね★
北部までのアクセスはよくないので、定期観光バスはオススメです。
バス会社によって、観光コースが違うので、自分の行きたいところを探してみましょう。
私のコースは、これだけ周って5400円(昼食付き)だから、お得だと思うよ。

この日だけで、ますます、お一人様が上手くなったことを実感しました。。。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-27 10:14 |

沖縄ブラリ旅 1日目

ご無沙汰しております。ヨウです。
わたくし、2泊3日で沖縄に行ってまいりました~。6年ぶり?2度目の沖縄です。
前回同様、仕事だったのですが、プライベートを兼ねて、観光も堪能してまいりました。
出発前日まで風邪で咳と頭痛、発熱があったにもかかわらず、
沖縄でバッチリ完治してまいりました。暖かい気候のおかげかしらねぇ?

1日目は朝10時過ぎのフライトで、お昼過ぎに沖縄到着。
前回きた時は、まだ建設中だったモノレールに乗って、那覇バスターミナルへ。
地元の運ちゃんに「じょうちゃん、ドコ行くの?斎場御嶽(せいふぁーうたき)?バスじゃ一時間に一本だからムリだよ~」と言われるも、お財布の紐を固くしめていたあたくし。
運ちゃんのアドバイスを聞き流し、バスで斎場御嶽を目指すことに。
ココに行くことも、出発前日に決めたんだけどね。【一応、行きのバスの時間だけは調べておきました】

斎場御嶽まではバスで1時間。沖縄南部にある琉球の聖地です。
周りに見るところもそんなにないし、観光地としてはメジャーじゃないかも?
b0044209_9582455.jpg

うっそうとした入り口を抜けると、カエルの声がそこかしこから!色んな声がする~←カエル好き
ワサワサした木と、ゴツゴツの岩を抜けていくんだけど、自然のまんま。
祭事を行った場所や、禊をした場所もあるんだけど言われないと分からないくらい、手が入ってない。笑
気温25℃でムシムシしてたけど、マイナスイオンたっぷりで、癒された~。ジャングルみたいだったよ。

ただ聖域だっていうのに、「触らないで下さい」と書かれた岩にお弁当を広げてる家族がいたんだけど・・・
注意しようかと思ったけど、お年寄り連れの家族に意見する気がおきず。いいのかなぁ?
昔の人が大事にしてきた場所は、私たち現代人も大事にしないとダメだよね!!

1日目は斎場御嶽移動だけで終了。ホテル近くの定食屋で沖縄そばをいただきました。
沖縄の食事は元気がもらえる気がする(あと異様に量が多い!)
続きは、またあとで~!
[PR]

by oko50525 | 2009-03-26 10:02 |

稽古初日

b0044209_2359418.jpg

旗揚げのカンパニーに参加が決まりました!
ドキドキワクワクの初日。
学生さんばかりのカンパニーなので、自分のポジションをどこに置いたらいいか分からず挙動不振なあたくし。
のっけから大幅遅刻なあたくしに、皆さん気を使ってくださり、セレブ気分のスタート。
実は自分より若い演出家さんは初めて。
キャストも全員年下。

最初の本読みでガツンとやられましたよ!
スゲーよ、みんな!
今年はワークショップ、オーディションと立て続けに参加したけど、正直、この読み合わせが一番ガツンときたよ!
素敵な役者揃っちゃってますよ!きゃー!

で、あたくしですが極度の花粉症で鼻声だわ、咳止まらないわで最悪でした…
薬ぜんぜん効かないんだけど、なんで?

作品は舞城王太郎っぽいと思ったらビンゴ!
作家も舞城に古川日出夫、鹿島田真希が好きってことで私とモロ被りです(笑)

あたくしの役は今までまったく経験のないポジションゆえ、どうしていいか悩みましたが、新しい演技の幅を広げるチャンスになりそうです。
課題は山積みだけど頑張ります!
[PR]

by oko50525 | 2009-03-17 23:59 | ロロ 旗揚げ公演

☆試写会☆それでも恋するバルセロナ

試写会、まだまだ当たっておりますよぉ。
先週もオダジョの「PLASTIC CITY」があたってたんだけど、
仕事が忙しかったので友人に譲ったのだ(友人曰く「そこまでして見る作品じゃない」そう)

昨日は「それでも恋するバルセロナ」@丸の内ピカデリー(cinemanet.cafeで当選)
映画館でみられる試写会なんて初めて!やっぱり映画館はみやすい・・・
ピカデリー2、2階席が断然オススメ。1階は近すぎて見づらいこと間違いなしです。。。
b0044209_927473.jpg

☆あらすじ☆
真面目で立派な男性と婚約中のヴィッキーと、自由奔放で情熱的な恋を常に探しているクリスティーナと、正反対な二人は親友同士。そんな二人は、バルセロナでひと夏を過ごすことに決める。そこで二人は、魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。フアンに惹かれたクリスティーナ。そして、ヴィッキーもまた彼に惹かれていく…。だが、そこに美しく激しいフアンの元妻、マリア・エレナが現れて――。ウディ・アレン監督がスカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルスと2大女優を迎えて贈るロマンス・コメディ。第61回カンヌ国際映画祭特別招待作品、ゴールデン・グローブ賞主要4部門ノミネート。
b0044209_9281643.jpg

☆感想☆
あたくし、ペネロペ・クルス、大好きなんでございます。
ナマイキそうな小さな顔に、細いのにグラマラスなボディ。上を向いた唇も大好き。
自分が男だったら、手のひらで転がしてほしいもの!そしてたまに涙目で攻めてきてほしい。爆
(男目線では、広末も好き。デートの最中にふてくされるのをなだめたい。笑)

映画が始まってから、しばらく、ペネロペが出てこないので、チラシに騙されたと思ったよ。

この映画、とにかくずーっとナレーションが続く。NHKの英会話番組みたい・・・

ヴィッキーとクリスティーナが主役なんだけど、クリスティーナ側の話のほうが面白い。
小池真理子の「恋」と似てるんだけどね。奔放な夫婦に惹かれていく若い女性って設定が。

モテ男フアン・アントニオが、日本人目線で見ると「どこがいいの?」って感じなんだけど、
見てると段々アリかも?と思えてくるのが不思議・・・あのトロンとした目にヤラれる。笑
コイツがナンパ段階から「セックスしよう」って誘ってくるんだけど、その割りに、ちっともセクシーなシーンがない・・・
まぁ、してるんだけど、胸もオシリも映らないのね。やっぱり大女優の胸は高い?のかしら?
これがフランス映画なら、もっとセクシーなラブシーンが展開してただろうになぁ。そこまでやっておくれよ。
スカーレット・ヨハンソンも健康的すぎて、セクシーという点では、まだまだな感じ。
スカーレットとペネロペも寝てるって設定なのだから、二人の絡みがもっと見たかった<なにを期待しているのか

アメリカ人に対して奔放なイメージのあるザ・日本人の私としては、
スペイン人の奔放さに翻弄されるアメリカ人っていうのが、違和感だったかな・・・<偏見?

それにしても、あちらのバカンスは長いよねぇ。
あれだけ長い時間を与えられたら、恋のひとつもしないともったいないよ!
日本も少子化対策としてロングバケーション制度を設けたらいいと思う。

見てて飽きはしないけど、見終わった後に「だから?」って気がしなくもない。
なんか足りないんだよね。特にラブシーンの色気と露出がね!!(爆)
もっとセクシーな映画だと思ったんだけどなぁ。ちと残念。

私は主役二人のジーンズの裾の長さばかり気になってました。
やっぱり裾が長いほうが足が長く見えるよね・・・私の寸足らずのジーンズ、どうしたものだか。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-17 09:55 | おすすめ映画

寸足らず

b0044209_22514569.jpg

おニューのジーンズの裾上げが出来たのですが…
丈がみじかーいっ!

写真で分かる通り、下が普段履いてるジーンズ。
上が新しいジーンズ…
明らかに短い…

裾上げのとき、店員さんが見たことない子で、嫌な予感はしてたんだけど…

これ、どうしたらいいんだろ?
今日は腰ばきでごまかしたけど、おしりがダボダボになるからカッコ悪いんだよね…
目下悩み中です…
[PR]

by oko50525 | 2009-03-16 22:51 | 日常のこと

誰も傷つけないことはできない。

このところ、出張とあわせて、プライベートもドタバタしております。

土曜は幼馴染Mが我が家に来たので、手料理を振舞うも、
突如、思い立って作った油揚げと小松菜の煮びたしは味が濃すぎ、
Mは食べた瞬間に「ブホッ」とむせ、むせながらも謝ってくれました・・・
もちろん、残った煮びたしは、私が責任を持って食しましたよ。ええ。
二人で昼間からワイン1本とビール、缶チューハイをあけ、
酒の「さ」の字もなかった、私たちが飲めるようになったことに月日の流れを感じました。
って、前からよく一緒に飲んでんだけど。

夜は次回の芝居の打ち合わせで池袋へ。
メチャメチャ若い演出家さん(21歳)と二人でマック。はたから見たら、どう見えるのだ?親子?
好きな芝居と、嫌いな芝居がモロかぶりだったので、安心して打ち合わせ終了。

その後はシアターグリーンのBOXで「15 minutes made」。
15分の短編を6団体が行う企画。どれも面白かったなぁ。
1本目の芝居に出てたユーミン役の女優さんがメチャかわいかった。
ネジッ子も、ネジらしさ前回の舞台で、とってもステキ。
終わってからネジッ子や、まっち、こーじさん、山さんとあわさって、ワイワイ飲み会。
人と人の輪がつながる瞬間って、空気がドンドン動いていく感覚があって、とっても好き。

日曜はイトコの結婚に向けた顔合わせ会。
イトコ夫婦は、帰りになぜか東京駅から新幹線に乗り、
(私の家族とイトコの妹は、一緒に車で帰ってきた)
新横浜で降りるつもりが、そのまま、名古屋まで行ってしまった・・・どんだけ~?
「寝過ごしたの?!」って聞いたら(東京から新横浜は15分、寝てはいけない距離)
「うん・・・ちょっとボーっとしてた」(31歳。男性)って・・・。どこまで行くんだよ。
名古屋に6分いて、すぐ帰ってきたイトコ夫婦(往復3時間ちょい)
スペースシャトルなら、もっと早く帰ってこれたね(大気圏脱出まで9分ちょっと)

自分の幸せの影には、いろいろな人の支えや悲しみがあるってこと、
ちゃんと分かってないと、同じことの繰り返しになってしまう。
誰のことも傷つけずに生きることはできないから、せめて傷を癒せるだけのことはしたい。
イトコにも、それをちゃんと考えて生きていってほしいと思うのです。
b0044209_1545764.jpg

[PR]

by oko50525 | 2009-03-16 15:45 | 日常のこと

スローライフの街

b0044209_16301621.jpg

仕事で静岡の掛川に来ております。
雨だから昨日いた新潟より寒いっ!
こだましか止まらないため、のぞみが猛スピードで駆け抜けていきます…
そんな掛川のスローガンは「スローライフの街 掛川」
ものは言い様だな、と。

写真は私が子どもの頃に新幹線を見に来ていた橋からの景色。
今は一人で新幹線に乗れるようになりました。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-13 16:30 |

明日は明日の風が吹く

b0044209_03944.jpg

週末はオーディションを受けていました。
一次審査は思った以上に気持ちが入ってしまい、終わってから頭痛に苦しむほどに…
それが良かったのか?二次審査に進めたのですが、残念ながら落ちてしまいました…
最初からダメもとではあったけど、すごく出たい舞台だったのでショックはショック…
しかし、舞台は必要な役者の条件もありますし、演出家さんからいただいたフィードバックももっともで(だからこそ出たかったけど)もっと頑張る余地があるな、と。
だいたいオーディションらしいオーディションなんて初めてなんだから最初からうまくいったら苦労しないわな!

でも泣きそうだったのでご近所のカフェへ。
俳優志望の店員さんの悔しいからやってるって言葉に励まされました。
なんでも気のもちよう!
気を取り直して次の舞台でリベンジします!

写真は…便座カバー(笑)
並んでてかわいかったので激写しました。
[PR]

by oko50525 | 2009-03-10 00:39 | ワークショップ参加記録