<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ジャンさんのワークショップ

ちょこっと、ご無沙汰してしまいました。
今週はピナ・バウシュのダンサー、ジャン・サスポータスさんのワークショップに通っております。
昨年、めちゃめちゃ感銘を受けたワークショップだったので、
今回も二つ返事で参加を決めましたよ。

彼と話ができるように、フランス語の参考書まで買ったんだけど、
(この参考書、「私の母は二重アゴです」とか「先日、離婚しました」とか、いつ使うのか分からないような例文ばかりで、かなり楽しい。のだめの参考書と同じレベル)
結局、、、「お久しぶりです」「会いたかったです」しか覚えられず。。。
参加者は英語が得意な人が多く、皆さん、英語で楽しそうに話しておられます・・・
(ジャンさんは英語も話せる。母国語はフランス語)
言っている意味はある程度分かるけど(そりゃ中学から普通に勉強してるもんね)
自分で話すとなると、全然話が違ってくるというか・・・全然、意思を伝えられませんっ(涙)
そういえば、先日引いたおみくじに「英語の勉強が足りません」って書いてあったんだよね。
「ダレ向けのおみくじだよ?学生用?」とか笑ってたけど・・・紛れもなく私向けのおみくじであった・・・
これで、「海外に一人旅に行きたいー」とか言ってるんだから、怖いよね、自分。

で、ワークショップの内容に関しては後日触れるとして(前置き長すぎ)
私自身、いろいろ思うところもあり、ワークショップを開催しようと考えております。
まぁ飲みながらそんな話をして、帰りの電車では「ワークショップのお知らせ」を一斉メールしてたんだけど。
また場所もとらずに、いきあたりばったりですよ、あたし。
思い立つと、すぐ行動しちゃうんだよね。脳みそ通すの苦手だから。

来月末に都内(世田谷区)で開催することを予定しています。
まだ第一回目なので、こじんまりやるつもりですが、要望が多ければ、回数を増やして行こうかと。

基本的に演劇のことではなく、動きをやっていこうと思います。
ワイワイ、ガヤガヤ、シャキッとできたらいいな、と。

今から何をやるか考えて、ワクワク、ウズウズ、ドキドキしています。
詳細をご希望の方は、コメント欄に一言くださいませ。
は~楽しみだぁ!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-31 10:29 | 日常のこと

旅に出たい!!

b0044209_1014834.jpg

仕事でユタ州のキャピトルリーフ国立公園について調べてるのですが、
ネットで検索すると出てくるのが、ほとんど旅行した人のブログ!
読んでるといきたくて、いきたくて、ウズウズ。。。

昔からアメリカの砂漠とか岩山が好きで(草原とかも憧れるけど赤い土に弱い)、
大学時代もグランドキャニオン旅行を決行⇒30年振りの雨で小型飛行機飛ばず
⇒近くの旅行社に電話してムリヤリ社員の奥さん(アメリカ人、妊婦)に近場のレッドロックキャニオンに連れて行ってもらう
~ということをしたことがあります(なのでグランドキャニオン未経験)

多分、赤い土に憧れるのは当時見まくってたプロモのせいもあるのですよね。
hitomiとかPUFFYとかgloveとか、やたらアメリカの砂漠で撮影してたように思うもの。

最近、そこまで憧れはなくなってたけど、こうやって調べているといきたくなるものですよね。

旅って人とワイワイ行くのも、もちろん楽しいのだけど、基本的には一人旅が好きです。
旅先での出会い(人に限らず、風景、食べ物など、すべて)って1人のほうがダイレクトにクルというか。
いろいろ受け止めたいと思っている時は1人で行動することが多いように思います。

と、つらつら書いていますが、ようするに旅に出たいと!
出張で日本国内はフラフラさせてもらってますが、やっぱり海外。。。行きたいよー!!
はい。ただのムネのうちでした。本当にいけるのは、いつの日か・・・

写真は週末BBQをしている時に撮った二宮の海の上に広がった空です。ピンク!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-27 10:01 | 日常のこと

カテゴリ追加しました。

小栗旬くんつながりで訪れてくださる方が増えてきたので、
「旬くんのこと。」というカテゴリを作りました。

とはいえ、雑誌も舞台の後しか買いませんし、テレビドラマについても、多分、書かないです。
基本的に舞台俳優・小栗旬 ファンなので☆

ですので、あまり充実していませんが、カテゴリとして続けていこうと思いますー。

そんな舞台俳優としてファンなのに、公式携帯サイトのカリギュラ当選メール。。。来ません!
こりゃ、もう、また外れたってことですかねぇ。
人気の高そうな日しか行ける日がないから倍率も高いんでしょうね。
あと1時間。返信メールを待ちながら過ごしますー。当れ、当れ!!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-24 17:49 | 旬くんのこと

「待たない人~樹下の双魚に~」を見る。

b0044209_9381326.jpg
麻布ディブラッツでセレノグラフィカ「待たない人~樹下の双魚に~」を見てきました。
プレトークは宮沢章夫氏。なぜか昔、共演した俳優さんに彼の著書をプレゼントされたことが…
京都で作品を作ることについての話。
ダンスと関係ないのが残念だったけど京都の話は興味深かったです。
東京は生身の人間が怖いけど、京都は得体のしれない何かがあるような空気の怖さがあるのかな?
作る場所で作品が変わるのは納得。
私はニュータウン育ちなのでニュータウンの無臭な怖さは理解できるけど(ホンマタカシ氏の写真とか)、人間臭いものの方が怖かったりもする。
恐怖って個人的なものだから、興味深い。
この時代に生きる人だけの共通の恐怖は確かに存在するものね。

さてダンスですが最初、前回拝見した作品より、とっかかりにくい感じを受けたものの、
途中から気持ち良く楽しませてもらいました。
なんといっても隅地さんの振付は面白い!
隅地さんのダンスは誰もができるけど、あえてやらない動きが多いような。
こういう動きを見ると、自分の体の稼働範囲がまだまだあることを感じます。

繰り返しの動きが何パターンかあって、見ているうちにストーリーが浮かんでくるから不思議。
客席に背中を向けて腰を手でパタパタたたく動きが鳥みたいで可愛いいし、
指でムネの上をこする動きも面白い。あとこすってるときの隅地さんの無表情が好き。笑
阿比留さんの踊りはしなやかで、アクロバティックでもやわらかいイメージ。

2人がお互いの体に触れるすれすれで、体を手でなぞっていく動きがあって、
それが男女がやるからか、なんともいえないセクシーさ。
欧米的なセクシーじゃなくて、日本的?アキ・カリウスマキ監督の描く男女にも似てる。

ステージは木の枠が二つ天井から下がっていて(窓みたい。ひとつはスクリーンをおろせる)
上からは木枠に和紙を張ってできたようなライト(上からトウタイのライトが当っていて照明のように見える)
スクリーンに当ると光りが柔らかくなって、障子を通した外からの光りのよう。和室??

動きはベタな笑いも途中にチョコッと盛り込まれてて、クスクス笑えます。

最後、阿比留さんは木枠の中、隅地さんは木枠の外に立って終わるのだけど、
そのシーンが、なんとも言えず、切なくて、ムネがキュッとしました。
阿比留さんは外からの光りを顔に浴びていて、隅地さんは光りの側だけど光りが当っていない。
勝手なイメージだけど「人って孤独・・・」なんて思ってしまいましたヨ。

言葉のチカラってすごく強くて、想像力を若干、排除してしまうような気がしていて。
もちろん、言葉のウラにあるものっていうのもあるんだけど、
無言の時に表現するほうが簡単だし、伝わりやすい。
言葉はどんどん続いていってしまうので、相手の想像を待たずに進んでしまう。
・・・というような気がしていて。
それに比べるとダンスは見ている人の個人的な意識をソコに投影できるし、
見ている側が想像力をフル稼働させることができて、それが私としては楽しい。
とはいえ、ダンスについて、まったくのシロウトなので、この意見が正しいとはいえないのだけど。

ただ「言葉」を使う、芝居というジャンルで舞台に立ってきたので、
「言葉」を用いない表現に対して、憧れが強くて。
例えば、現代アートにしても、言葉がソコに含まれただけで強烈に意味を持ってくると思う。
タイトルのある作品であれば、作品そのものだけでなく、そのタイトルからも何らかの意味を汲み取ってしまうことになってしまい、結果、その人個人が作品から受けるイメージを損なってしまうのではないかと。
損なうというか、見る人がイメージできるものの選択の幅を狭めてしまうというか。
うーん、うまく言えないのだけど、見ている人の想像力を掻き立てるモノが好きなんですね、ようするに。

で、話をもとにもどして・・・
セレノグラフィカは京都のカンパニーなので、東京ではなかなか見れないのが残念。
いちいちツボなので、ぜひ、また東京で公演を行って欲しいです!!熱烈希望!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-24 09:21 | ダンスのこと

カリギュラ・・・

チケットメイトの先行、落ちちゃいました。。。
って何のことやら分からない方もいると思うのですが、
11月に小栗旬くんが主演する「カリギュラ」の舞台チケットです。
「お気に召すまま」もチケットメイトはまったく繋がらなかったんですよねー。
簡単に取れていた数年前が懐かしい・・・(遠い目)

今回は私自身、11月に舞台に出ることが決まっていて
それがこの舞台とダダかぶりなので、行けるのは人気の高い最終週だけなんですよね。
ただでさえ取るのが難しいのに行ける日も数日。。。
本当は前半、中盤、後半と見たかったのだけど。うわーん。

はてさて、そろそろ旬くんネタは別ブログを立ち上げようかなーと思ってまして。
このブログは、本名でやってますし、他のネタも多いのでねぇ。
なんてクチばかりで本当にやるか分かりませんけど。
ネタも周りのブロガーさんのほうがチェック早いし。
どうでしょうね??
[PR]

by oko50525 | 2007-08-22 11:43 | 旬くんのこと

アーデンの森通信 8/18マチネ

b0044209_23124326.jpg

また行ってしまいました「お気に召すまま」
静岡なら隣りの県だし…と安上がり鈍行ルートで行ったのですが、
帰りはつい新幹線に…だって遠いんだもんっ(爆)
静岡に着いた時は瑞稀の気分に…
「彼に会うために女を捨ててココに来たんだ」
いや、別に女を捨てなくていいんだけど。っていうか、ある意味、すでに捨ててる?

駅で吉田さんらしき人に遭遇。開場時間だから別人?と思ったら、また会場前で一緒になる。お客さんと一緒に会場入りって!確かにオープニングは衣装いらないけど…
あ、私服の吉田さん、カッコ良かったです(笑)

今回のアーデンは静岡市民文化会館。広い、そして古い…
初2階席でしたが全体が良く見えましたよ。

大阪を経て確かにパワーアップしてました!
見てる間は夢中だったので大したことは書けませんが以下、覚書です。

*********
舞台の両サイドが作り付けの花道みたいになってるので、舞台が狭く、また絵画のなかのように見えます。

通路も長くて役者がたどり着くまで長いような?
コクーンではI席前の通路で行われていた公爵がル・ボーたちを叩く場面は通路舞台側へ変更。
おかげで二階からも見れました。

〇ロザリンド絶好調!まず噛まない(笑)
セリフは飛ばした気もするけど…どうでした?
〇今更だけど屋敷があるのに小屋で暮らしてたオーランドーって可哀相…
〇コリンに食べ物があるか聞くギャニミード。息も絶え絶え芝居のエイリーナ。辛そうな「オーッ」という奇声まであげたり。しかし食べ物がないと分かるとタッチストーンと顔を見合わせて首振り。芝居をやめてグダーと寝転がる。
〇オーランドーの鍋強奪。良く見えなかったけど具がこぼれたらしく、幕間にスタッフさんが拾ってました。
〇オーランドー、ちゃんと森の住人が飛ばして回すパンを見て食べ物があるか確認してるのね。
〇コリンのセリフに相槌を打つメイちゃん。うんうんうんって。カワイイ!
〇照明が突然ついたシーンがあったんだけど…あれは操作ミス?
〇オーランドーもギャニミードも立ち去るジェイクイズに唾飛ばしすぎです。仲良くしてあげて~
〇初演ってオーランドーの槍がよく落ちてたけど今回は落ちないね。固定したのかな?
〇ギャニミードの恋愛指南話を聞いて木から飛び下りるオーランドー。落ちる時に体をひねって正面を向いて着地。
〇ギャニミードに腕を組まれてビックリなオーランドー。でも歩く時は相手を気遣う。生まれながらに品がいい。
〇恋愛指南。ラブラブ度がパワーアップしてるよ!結婚式のマネした後の見つめ合う時間が長い!オーランドーのコートの襟を直してあげたり、ボディタッチも増えてない?
〇「ぼくは死ぬ!」の木登りオーランドー。ロザが上がって来た時に木を揺らす…危ないよ!あと足を滑らせたようにして座ったとこ。ほんとに心臓止まるかと思いました…私もロザみたく木を叩きたかったよ!「もう!」
〇二時間会えないと分かったロザ。前はキレまくってたけど今回は冷たく「はいはい」
木の幹のゴミを投げたりイジイジポイントもプラス。
〇前公爵の食事に向かうオーランドー。坂の上からロザにバイバイ。あんなことされたら…追いかけてハグしちゃいます!←バカ
〇4人の「恋とは~」の名台詞。「女じゃない人が恋しくて」は客席大爆笑だったなぁ。切ないシーンだと思うんだけど…シェイクスピアは笑いとして書いてる気もするけど、この演出は感動ポイントなんだよね~。
〇エピローグが落ち着いてて良かった!ロザ頑張ったね!グワッと泣きそうになりました。言葉通り、いいお芝居がさらに良くなりましたよ。
〇カテコはロザがオーランドーを引っ張る!のけ反っちゃってたよ、オーランドー。
〇最後にはけていく二人。坂の裏にある階段を降りながらも最後まで手を振る旬くん。ありがとう!お疲れ様!
ふー…いやはや夢中で色々なシーンがあったのにウマく書けませんね。
え~あたくし、地方公演に行くのは、これがはじめて。
ここまできたか!って感じです。
タイタスの代わりに「お気に召すまま」をイギリスで公演してたら確実についていってたわ…
アーデンの森が存在するのは来週まで。
最後まで事故のない、素晴らしい公演になることを祈るばかり。
あ~でも千秋楽…見たい…諦められません!神様!力を!!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-18 23:12 | 旬くんのこと

森村泰昌「美の教室、静聴せよ」展へ行く。

b0044209_16181237.jpg

暑い暑い月曜日。友達と連れ立って横浜ツアーを繰り広げました。
とろけちゃうんじゃないかってくらい暑かったけど、
そのおかげで(?)中華街でのビールは激ウマでしたよー。

中華街から山下公園、赤レンガ倉庫を抜けて向かったのは横浜美術館
森村泰昌「美の教室、清聴せよ」展が本日のお目当てです。
お盆だったからか、空いててジックリ見れました。これくらいが丁度いいな。

森村さんは名前と作品は知っていたけど、ナマで見るのは初めて。
世の中には、まだまだ初めてが転がっていますね。

美術展はホームルームから、1時間目~放課後と授業形式(?)
モリムラ先生による音声ガイドを聞きながら進んでいきます。
最後には卒業試験もありますよ!私は・・・一問間違えました。。。

モリムラ先生の解説は、自分の思いを語るだけかと思いきや、
ちゃんとした授業のように、彼の作品のモチーフとなった作家について
分かりやすく話してくれるので勉強になります。
現代アートとはいえ、過去のアーティストたちが築いた土台の上に立ってるわけですよね。

モリムラ作品は彼の解説を聞きながら見ると、理にかなっているというか、
特別キテレツなものではないように感じられるのが不思議。
解説聞かずに一人で見てたら、奇妙なモノに見えただろうけど(その感覚を逃したのは悔しい気もするが)
あとちょっともったいないのが、音声に夢中だと作品をジックリ見れない・・・
ちゃんと見たい場合は、ガイドが終わってから音声をオフにして見直すといいかも。

森村さんって、もっとイッチャてる系(いい意味で)と思っていたけど、
ご本人はすごくマジメな方なんじゃないかな、という印象を持ちました。
現代アートを身近なモノにするために工夫している気がするし(この展覧会とか)

作品は彼自身がモデルとなった写真が主(というか全部?)。
彼がゴッホの自画像の絵になったり(絵に見えるけど、すべて写真)
フリーダ・カーロの絵になったり、ある意味アート界のコスプレーヤー。
絵の中に入ってみたいという思いを実現している人です。

私だったら、誰の絵に入りたいかなぁ??
モディリアーニとかいいな。ジャンヌになってみたい。
ルネ・マグリットの世界にも入りたいけど、あまり人が出てこないかぁ。

森村さんのやってることって誰でも憧れることなのかも、ですね。
[PR]

by oko50525 | 2007-08-17 16:18 | おすすめアート

「MELTING POINT」展に行く。

b0044209_1141177.jpg
夏休み2日目は初台オペラシティで「MELTING POINT」展。
ジム・ランピー、渋谷清道、エルネスト・ネトの三人展です。
大掛かりな作品を作るアーティストだから三人で展示スペースもいっぱいなのね・・・

オペラシティのギャラリーは自然光が入ってくるので気持ちいい。
すっごい暑い日だったけど、おかげで室内が明るくて綺麗でしたよ。

ジム・ランピーさんは今回の展示で初めて名前を知りました。
床前面に色とりどりのテープを貼って、その上に作品をポツポツと展示してます。
ガラスでできた椅子が舞台装置に使えそうだったので、じっくり干渉。
作品の方向性がバラバラな感じだったので、どういう作家なのかはよく分からず。
鍵穴型の作品は穴をすり抜けたかったんだけど、度胸がなくてヤメておきました。

渋谷清道さんも初めて。
白い絨毯にクツを脱いで上がります。
真っ白な壁には、作品の入った額が、壁と一体化するように設置されています。
白いレースのような作品は遠くで見ると繊細だけど近くで見ると無骨。
花のような絵が描ける定規ってありますよね。幾何学の花。
その定規で書かれたような花が、天井の布にいっぱい描かれていて、
それを寝転んで眺めました。フワフワ気持ちよし。

一番のお目当てだったのはエルネスト・ネト(写真はネトの別の展覧会での作品)。
いやはや、期待を裏切らない素晴らしさでした。大好き、エルネスト・ネト!!
「それは地平で起こるできごと、庭」というタイトルからして魅力的。
部屋一面に二枚の白い布が床と平行に張られていて、その布には穴が開けられています。
穴には体ごとはいることができて、そこから別の世界が見えるの。
穴から顔を出すと、二枚の布の間をつなぐ筒状の布(写真にあるようなモノ)が見えたり、
二枚の布の一番上に頭を出すと、布に開けられた穴だけばが見えたり。
ってウマく説明できない!!(悶絶)

簡単に言うと(?)ナウシカで砂漠の中に入ってしまうシーンがありましたよね?
まさに、あの砂の中に広がっていた世界なんですよ。

一番上の布の上から布を見た時は、広い世界に1人になったようなすがすがしい孤独。
布と布の間の筒状の布に囲まれた世界では、くるまれてる安心感。
一番したの床と布の間に身をかがめている時は、現実にいる感覚。
3つの世界が、その一部屋に存在しているんですよね。

あのやわらかい布に包まれているとなんともいえない幸福感が・・・
以前、豊田市美術館で彼の作品を見たときも、あまりにシアワセで、
部屋中を寝っ転がってクルクル回ったり、クッションをポコポコ投げたりしちゃったもんね。
(しかも1人で。そしてスーツで。←仕事終わりに寄った)

今回の展覧会は10月までやっているので、ぜひ!!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-16 11:41 | おすすめアート

SUMMER SONIC 2007

b0044209_17354585.jpg
夏休み初日一発目のイベントはサマーソニック2007!!
毎年夏はみんな夏フェスに行くから羨ましかったの。
今年は私がうらやましがらせちゃうぜ!

とはいえ、音楽にあまり明るくない私。
お目当てのELLEGARDEN以外は良く分からず…
若かりし日(10代)は毎週ビルボードをチェックし、いつかプロモ製作に関わりたいと思っていたほど洋楽好きだったのに…
しかしスペシャルでB’z登場!!神降臨!ありがとうございます!

とりあえず会場に着いて、まずビール☆
信じられない暑さゆえ、ビールもすぐ汗に…
このあとも水とかかき氷とか摂取しまくったのにトイレ一度も行かなかったもん。
全部汗ででたね、きっと。


私のオープニングはスタジアムのB’z!!
アリーナでB’zなんて何年振り?
オペラグラスなし、肉眼で見れる二人に感動☆
新曲は最近聞いてないんだけど、周りもそうらしく(笑)懐かしい曲のほうが盛り上がる~。
稲葉氏がシックな黒シャツだったのが気にかかる…暑くないのか?
短パン稲葉が見たかったよ~(笑)
友達にも「かっこいいねぇ!」と言われて十年来のファンとしては嬉しい♪

続くは幕張側でSEAMO!
裸でパンツに天狗のお面を着けたSEAMOに爆笑!
お目当ての「また会いましょう」だけ聞いて退散。

再びスタジアムで木村カエラ!
激カワイイ…動きがなんかしなやか…
内野から見てたからアリーナの人が振り回すタオルが綺麗に見えたなぁ。
ステージから見たら嬉しいだろうな。

そのままGWEN STEFANI。
意外と知ってる曲があって安心!
サービス精神旺盛な38歳の美女はアリーナに降りたりして…スゲー!!
しかし、ここから私の体調に異変が…物凄い頭痛と眠気が私を襲う…やーん!

フラフラしながらELLEGARDEN。
とはいえ始まると踊りまくってしまう私…
細美くんカワイイ!笑顔ヤバイ!べしゃりもヤバイ!最高だよ~(感涙)
やっぱナマはいいよ、ナマは。

最後はBLACK EYED PEAS。
盛り上がりたかったんだけど頭痛MAXで生きる屍状態…
ちきしょう!なんなんだ!ちっとも羨ましがらせられん!
でもみんなで携帯のライトを光らせたり、花火が間近で見れたり、楽しかったよ~!!

頭痛は多分、熱中症でしょうね~。
二日酔い以外で頭痛になることは滅多にないので、精神的にやられましたよ…
来年は万全の体勢で臨みす!うす!
[PR]

by oko50525 | 2007-08-15 17:35 | 参加したイベント

ananと血液型選手権

本日発売のananに旬くんがのっているというので中身も見ずに購入しました。
こういう女性誌だと買いやすくてイイね。
さすがにアイドル雑誌はレジで無駄に緊張します(でも買う。笑)

今回は「血液型でわかる本当のあなた」
ダルビッシュ選手のエロ表紙より買いやすい表紙でよかった。
でも「りの君」と連動企画なら表紙も、りの君4人にすればよかったのにぃ。。。
表紙にも載ってること書いてないし。もう。

さてさて、記事の内容ですが、旬くん(O)、トーマくん(A)、堀キティ(B)、ヒロくん(AB)が
それぞれ血液型について語っております。
その中で旬くんから衝撃の一言が!
「オレも、今までつきあってきたのは全員A型」

私が含まれてなーーーーーーーい!!

・・・はい、ゴメンなさい、あたりまえです。ハハハ(空笑い)

そんな私は堀キティと同じB型
一時期、雑誌でも取り上げられるほど忌み嫌われ、いじめまでされたというB型ダス。

B型ってさー、B型以外の人にウケが悪いよねー?
今回の特集でも「つきあった女性の血液型と、相性の良し悪しの関係は?」という問いに
一般男子200人にアンケートをとった結果が乗っているのだけど、
良かったに出てくるのはAとO。悪かったではA男子とAB男子から「B」といわれちゃってマス。。。

そうなんだよね、なんかね、女子的にBはイマイチなんだよね、ウケが。
合コンとかで血液型聞かれて、Bっていうと、引くもん、場が。
のだめ がB型でどんなに嬉しかったことか!
(↑でも扱いは「変態」。のだめの登場人物はBとOばかり)
その昔、A男子に「Bの女はダメなんだ」って面と向かって言われたし。
まぁ、それは「Bが」というより「私が」だったのかもしれないけどね。ぷーんだ(ネガティブ)

でも確かに血液型の傾向ってありますのよね。私は割りとあると思う。
気がつけば、周りにはB型女子が多くて、B女会(びじょかい)まで開催したもの。

そこで、本当に血液型で相性があるのか、自分のマイミクでチェックしてみましたー!
一応、私のマイミクはリアル友だちです。
以下、結果です。(ってヒマすぎ、あたし。誰も興味ないよね、すみません)

男子
A 31人 / B 29人 /O 16人 / AB 11人  /不明 18人

女子 
A 32人 / B 34人 /O 35人 / AB 13人 /不明  13人

あれ?思ったほど、差が出てない。。。
私、ずっとO型の女子友だちがいないと思ってたけど、一位じゃん!!
まぁ、AもBも、あまり変わらないけど。

男子のほうはA型が多いのは、当たり前だよね、日本人だし。
そして・・・旬くんと同じO型は・・・異常に少ないっ(爆)
確かにO型男子って周りであまり聞いたことない。父と弟はOなのになぁ。(母はB)
やっぱり相性悪いんでしょうか・・・神様。。。

というわけで、時間がかかったわりには、特にオチもない結果に。。。
ながなが、読んでしまった方、ゴメンなさい。。。
とりあえず、anan的には私と旬くんの相性は悪そうです。ガックシ。

PS 足の腫れ、抗生物質のおかげで一日で復活しちゃいました!!ご心配おかけしました。ペコリ
[PR]

by oko50525 | 2007-08-10 23:48 | 日常のこと