<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平和記念公園で平和を祈る。

b0044209_920253.jpg
広島に行ってきました~。
広島市現代美術館にいく予定だったけど、月曜休みだったので原爆資料館を見てきました。

前々から行かなくちゃbutなんとなく足を踏み入れにくい、ので遠回しになってたけど、
入ってみたら若い女の子たちやカップルがたくさんいました。

当時の資料や文献からは生々しさよりも、静寂した空気が伝わってきました。

ふれてもいいものとして、展示された原爆の熱で突起ができた瓦のぷつぷつした感触が、ずっと指に残ってます。

資料は沈黙しているけど、生きている人間は沈黙してはいけないと思う。

お祈りをして公園を出てきました。
公園は綺麗で、原爆の跡地とは思えない、平和の静けさに満ちていました。
[PR]

by oko50525 | 2007-01-23 23:17 |

アート@アグネス2007

b0044209_1458024.jpg
アート@アグネス2007へ行ってきました。
ホテルを借り切り、31軒の画廊が各部屋で展示即売する形式のアートフェアです。
2Fから5Fまで、すべての部屋にアートが!!

「大して混んでないだろう」と思ったのに、大混雑・・・
ホテルの一部屋一部屋に入っていくので、入り口ですれ違うのが大変。
(でも帰りは長蛇の列がでてたので、マシなほうだったのかも?)

テレビ東京の人にインタビューされ、知った風なクチをきく私。
あれって、もう放送されたのかな?見たかった。

ホテルの部屋は狭いので、ベッドの上や床、トイレ、お風呂にまで作品が並んでいます。
惜しいのは、ギャラリーがそれぞれ自分のところにある作家の作品を展示しているので、
展示数を欲張りすぎて、雑多になってしまっていること。
せっかくホテルの一部屋を借りて展示できるのだから、
1人の作家に任せて、空間ごと展示に生かして欲しかった。
そのほうがお客さんも楽しめるのに・・・
美術展とは趣向が違うみたいだから仕方ないけど。

さりげなく奈良良智や宮島達郎(お風呂にあった)
草間弥生、森村泰昌といった大御所の作品もあったりして見所多め。
松井冬子さんの作品はスィートルームでリッチな雰囲気も作品と合ってました。

こうやって、スペースをアートに貸してくれるのって素敵だと思う。
だいぶ開かれてきたけど、どうしても、芝居ってなると貸し渋られちゃうんだよね。
芝居も素晴らしいモノだって、早く認識されるようになってほしいなー。
そしたらアグネスホテルで芝居したいな。有頂天ホテルになちゃうかしら?
[PR]

by oko50525 | 2007-01-14 23:54 | おすすめアート

礼に始まり、礼に終わる。

b0044209_1157572.jpg

親戚が出展している書道の展覧会に行ってきました。
書道って、そんなに興味なかったんだけど、行ってみたら凄かった!!
書道って、幅が広い。現代アートみたい。
デザインもそれぞれだし、英語で書いてる人もいるし、
額も文字にあわせたデザインでひとつの作品としてクオリティが高かった。
どれもリズムがあって、躍動感が感じられるの。 文字を文字として捉えるより、絵のように捉えられた。

席上揮毫(お客さんの前で書をかくこと)があるというので好奇心で見ていくことに。
50人以上のお客さんで盛況!
会長の挨拶もユーモアがあって、書道にある「硬い」イメージが払拭。
5人の先生が、順番に書いていくんだけど、書いているときの力の入れ方、抜き方が、ダンスみたいに見えた。
書道って、書いている時は息をしてないんだって。気をためてるんだね。
当たり前だけど、書く前と後に礼をするのが、日本の素晴らしい文化だなーと。
合気道も礼に始まり、礼に終わって、気持ちがシャッキリした。大事なことだわ。

1人の先生が「先日、踊りを見て、感動しましたので、それを字にしました。・・・書道ばかりでなく、踊りや歌を見ることが書道にも繋がっていくのではないでしょうか」と話してて、
こんな年配になっても、感動できる感性があることが素晴らしいと思ったし、
そこから何かを吸収しようというパワー、それを発散させる場があることが素敵だなーと思いました。
私も色々見てるけど、ちゃんと発散させないと宝の持ち腐れになるわ~!!発散、発散!!
[PR]

by oko50525 | 2007-01-13 23:57 | おすすめアート

ビル・ヴィオラ「はつゆめ」

b0044209_11142932.jpg

森美術館でビル・ヴィオラ「はつゆめ」展を観賞。

最初の「クロッシング」から衝撃。水の音と炎の音。消失。
ビデオアートなのに、宗教画を観ているような感覚。
宗教画は神様を描いたものでありながら、その表情やたたずまいは人間をもとに描いているんだな、と。
ヴィオラの作品に出てくるのは、もちろん現代の人間なんだけど、
彼の表現手法により、聖書を読んでいるような気がしてくる。
どっかで見たことあるような?と思っていたら水戸芸への出展作品もあった。やはり。

個人的に「ラフト/漂流」が好きだった。
無作為に選ばれた人々を、突然、洪水のような水が襲う作品。
何の関係もないのに同じ場に居合わせた人々(満員電車やバスの停留所などのイメージ)に、突然同じ不幸(地震、事故、嵐など)が襲ってきた時、人はどうするのか。地下鉄サリン事件を思い出してしまった。
水に襲われる前と後の人々の顔の違いに驚く(濡れてるせいもあるけど)
それこそ、水が収まった後は、一枚の宗教画みたいでしたわ。

「四人の手」も手のすべらかさがなまめかしくて、美しかった。

と、ここまで感動しておきながら、ヴィオラではなく、植田正治の本をミュージアムショップで買う私。だって図録高いんだもん・・・
映像作品だしさ、映像で欲しいしさ。と言い訳。今年はお金持ちになりたいデス。
[PR]

by oko50525 | 2007-01-08 23:14 | おすすめアート

謹賀新年!今年もヨロシクお願いします☆

b0044209_13434037.jpg
あけましておめでとうございますっ。

年末にナゾの頭痛に襲われ、30日、31日と死んでました。
おかげで楽しみにしていた忘年会にも行けず・・・やはり健康第一。。。

そんなわけで、気付いたらローテンションのまま年明けしてしまい、
今年の目標とか去年を振り返ることとかできず、 なぁなぁでココまできてしまったのですよ。テヘ。

なので、今年の目標は「適当」
ほど良い感じで流れていこうと思います。ココロの師匠は高田純次。
ま、気合入れすぎると空回るのでね、私の場合。

こんな適当な娘ですが、今年も仲良くしてくださいませ☆
[PR]

by oko50525 | 2007-01-05 00:41 | 日常のこと