<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日曜の午後はアゲアゲ(死語)で!!

桃色ボルケーノのセカンドステージ、無事終了しました!
渋谷モジュール、熱かったですね~!

前回はハード目のダンスでしたが、今回はユルカワでプチセクシーな感じでした。
まさか、いい歳してベビドで人前に出ることになるとは思いませんでしたわっ。笑

どのフロアーも盛り上がってて、参加者として楽しかったデス。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございましたっ。
楽しんでいただけていたら幸いデス。

よーし、これでしばらく冬眠に入れるぞ、と!!
b0044209_11195452.jpg
b0044209_1120343.jpg

[PR]

by oko50525 | 2006-04-30 23:16 | 参加したイベント

タイタス・アンドロニカス

埼玉芸術劇場で「タイタス・アンドロニカス」 を見てきました。

これ、以前、山の手事情社版を見せていただいて、 「こりゃ面白い!」と思っていた作品。
メーンとしては、「人肉パイ」なのだけど(笑)
私は「家族」「復讐の連鎖」の2本柱の話だと思っています。

今回は蜷川幸雄の再演、しかも小栗君がエアロン・・・
ということで楽しみだったのだけど、 山の手事情社版のほうが好みだったなー。

<ネタバレ>
蜷川版は、装置も役者も衣装も美しすぎる。
そのせいか、見せたい部分が散漫な気がした。
残酷な話なんだけど、途中で笑いを入れたりして、 そこだけ浮いちゃって「アレ?」みたいなところもあったし。

エアロン小栗くんは、予想以上に良かったけどね!
エアロンって悪役なんだけど、私から見るとタイタスのほうが、よっぽどどうかしてると思うのよ。
オープニングで「恥をかかせた」って理由で息子を殺すし、
その後も、タモーラの息子2人を殺してパイにするは、最終的には愛娘も殺しちゃうわ(蜷川版では最初から娘が殺されることを分かっていて、素直に受け入れてたので、衝撃低め)で大騒ぎ。 エアロンのほうが人間的に理解できる。

今回一番印象深かったのが「人肉パイ」
ホラー映画のできばえであった・・・
それまで生首とか切られた手首は、人体の不思議展に出そうな
なにやら理科室チックなシロモノだったのに、人肉パイだけホラー(笑) 衝撃度80%!!

最後のドタバタ殺害祭りで、ちょっと笑ってしまう私って残酷?
でもね、あそこまでイッチャウと、逆に笑えてしまうというか。。。
むしろ、みんな落ちるところまで落ちてるので死んだほうがマシなんだよね。
そうすれば復讐の連鎖も終わるし、クリーンになると思うの。

でも最後に残されるエアロンの子ども。彼はどういう人生を送るのでしょうか。。。
[PR]

by oko50525 | 2006-04-30 13:55 | 旬くんのこと

プロジェクト・アイ、終演!

b0044209_11115462.jpg

b0044209_112959.jpg

プロジェクト・アイ。無事、閉幕しましたっ!

いやー、アッという間でした~。
本番を終わらせたという実感がいまだにない。。。
まだ今夜も稽古があるような錯覚に陥ってます。

役者として以外の仕事も多くて、 一時は、どうなることかと思いましたが、
ノドもと過ぎれば熱さを忘れる。。。
普通に楽しく日々舞台に立ってました♪

毎回思うのだけど、恋愛する役は楽しいね!(笑)
切ない役を割り振られることが多いのですが、 今回はハッピーエンド(だよね?)で楽しかったデス。

今回も恵まれたメンバーと一緒に舞台が出来て楽しかったです。
少ないメンバーだったからこそできた濃い空気もあったと思うし。

来ていただいた皆様、本当にありがとうございましたっ。
今回は珍しくテンパる場面もありましたが、この反省を生かし、
これからも、精進したいと思いますっ★

写真は素敵過ぎる舞台セットと、本番前に楽屋でくつろぐ私。
立て込んだセットは久しぶりなので、興奮!スミからスミまでよく出来てます。
楽屋は広いし、綺麗だし、最高でした。またMOMOでやりたいなー。
[PR]

by oko50525 | 2006-04-23 23:02 | プロジェクト・アイ

うひひ!

3日目です!
好きなことがあって好きなことがやれるって幸せなことだな~と実感してます。
この幸せを今日もお客さまと味わえますように!
[PR]

by oko50525 | 2006-04-22 09:23 | 観劇したもの

初日あけました!!

b0044209_14181529.jpg

プロジェクト・アイ初日あけましたー。

いやー、あたし、舞台上で死にそうになりましたわよ。
いやいや、ほんと、とんでもハプニング!!
やっぱり舞台には魔物がいるのねぇ。 こんなハプニングが私を襲うとは露知らず。
コレについては、またいずれ・・・(意味深)

本日は早出してお仕事。
終わり次第、本番です。がんばるぞえ(なつかしの蘭々口調)

写真は楽屋風景。メイクしたり、歯のチェックをしたり、おのおの、本番に備えます。
[PR]

by oko50525 | 2006-04-19 23:18 | プロジェクト・アイ

明日から始まるよ♪

というわけで、明日からプロジェクト・アイ「それが棺だと知らなかった頃」始まります!

今日初めてセットを見たんだけど素敵です☆
あまり立て込んだ舞台に立ったことがないので、ちょっと感動。
MOMOは初めてなんだけど、綺麗で設備も整ってて満足だす。

そして衝撃の出来事が…
楽屋でメイクにいそしんでたら、白髪を2本も発見!
金髪にしてた頃、一度色が抜け落ちた毛を見つけて以来、
白髪なんて出来たことなかったのにぃ!!

そ…それだけ頑張ってるということで…←無理やり

ご予約下さった皆様、ありがとうございます。
初めてMOMOにいらっしゃる方は地図を持参する事をお勧めします。
近いんだけど知らないとややこしいので。
あと隣りにも劇場があるので間違えないようにして下さい。

どうでもいいけど隣りの劇場、阿藤快から花輪届いてたよ。
あと草なぎ剛似の役者さんがいました。

…これじゃ隣りの劇場の宣伝だわ…
皆様、お待ちしてます(笑)
[PR]

by oko50525 | 2006-04-18 23:39 | プロジェクト・アイ

「それが棺だと知らなかった頃」

ご連絡が遅くなりましたが、芝居に出演します。
今までとはなんだか違った雰囲気の芝居になりそうです。
SF?ラブストーリー?火サス?みたいな感じです(笑)
お金とお時間にゆとりがあったら遊びにいらしてください♪
b0044209_14132452.jpg


プロジェクト・アイ 「それが棺だと知らなかった頃」
2006年4月19日~23日 中野 劇場MOMO

***STORY***
2018年。科学は急激な進歩は遂げず、タイムマシンはまだ作られていない。それでも未来に行きたいという人々の想いが「疑似タイムマシン」を作り上げた。多くの応募者の中、井上宏樹はこの乗員に選ばれる。一人、未来へ行く彼は何を考えていたんだろう。あの目がこっちを向けばいいと思った。それで気が済むハズだった。

2028年。これは僕の贖罪の物語。

脚本・演出 石川あさみ

***CAST***
リン・ホブデイ
平野明徳(NO RABEL!)
両角葉
早川孝史 
渡辺圭子

***Time Table***
4月19日(水) 19:00~
4月20日(木) 19:00~
4月21日(金) 19:00~
4月22日(土) 14:00~/19:00~
4月23日(日) 16:00~

開場:開演の30分前
開演20分前よりシークレットゲストによる生演奏あり

前売り:2500円/当日:2800円(全席自由)
グラサンパンツ【http://gurasanpants.com】
[PR]

by oko50525 | 2006-04-13 00:12 | プロジェクト・アイ

東京オペラの森「オテロ」

b0044209_15283952.jpg

待ちに待った東京オペラの森「オテロ」を見てきました!
ママンからのバースデープレゼント。ゆえに1人で行く。笑

小澤征爾氏の体調不良による指揮者交代、
主演歌手の代役への変更(私の日には復活)とか、 直前までトラブルが。
小澤氏じゃないのは残念だけど、みたかったのでキャンセルせず行ってきました。

開場は上野の東京文化会館。初東京文化会館!!
席は2階の前から3列目、ドセンター!

最近、寝不足だったから、寝ちゃわないか心配だったんだけど
オープニングの最初の音で、興奮!!きゃー!(心の声)

「オテロ」はシェイクスピアの4大悲劇の一つ。
ムーア人の総監オテロ。オテロが気に入らない部下のイアーゴは、同僚のカッシオがオテロの妻デズデモーナと浮気しているように見せかけ、騙されたオテロが嫉妬に狂ってデズデモーナを絞殺するという物語。 詳しくはコチラ

オープニングのキプロス島にオテロが帰艦するシーンが、
クィーンのライブじゃないかってくらいカッコイイ!!
ライトを乗せたひな壇(船?)が前に向かって進んでくるの!
目潰し効果と、オケの爆音でガツーンとやられましたわぁ!

「格闘」がテーマらしく、 ステージ中央には床がライトで光るステージが一段高く作られてます。
スターウォーズでも、こういう舞台あったような?
衣装も男性は黒のコートに、Tシャツ、皮パンでカッコイイ!
オテロはガウンのシーンが多かったんだけど、それもボクシングっぽくするためだったのかも?

シンプルなステージは、近未来的。
私は昔ながらのゴテゴテしたステージのオペラより、 こういう斬新なアイディアが好き。
年配の古いファンは認めなくて、うるさいらしいけど(実際、違う日には演出家が出てきた時にブーイングした人もいたらしい) いつまでも古い演出してたら若い人はついてこないと思う。
新しいことをやる姿勢にまず拍手!だって腕の見せどころだもの!

それにしてもオペラとかクラのファンは怖いよね。
小劇場でブーイングなんて、その場ではやられないものね?
出演者のプレッシャーって、すごいものがあるんだろうな。

話がサスペンスなので、グイグイ引き込まれます。
オペラは一つの曲が終わると拍手するものが多いけど、 ヴェルディは「オテロ」で1幕通して一つの曲にしているので、 話の中に引き込まれるんだよねー。もう夢中!!

2幕のオテロとイアーゴがカッシオとデズデモーナに復讐を誓うシーン(すっかりオテロは騙されてる)では、2人の素晴らしい歌声にブラボーが。 めちゃめちゃカッコよかったよ~!2人ともハンサムだし♪

そして4幕は号泣。。。
オテロは、デズデモーナが無実を訴えるのも聞かず、クビを絞める。
虫の息(だけどイイ声。笑)でデズデモーナが歌うシーンで、 涙が止まらなくなっちゃって・・・(周りからもすすり泣きが)

イアーゴの妻から、自分が騙されていたことを聞かされたオテロは自害し、終幕。

終わり方が悲惨なので、しばらく会場中シーン。
こういう話ってブラボーって言いづらいよね。笑

でも出演陣の挨拶で開場も盛り上がりっ。
私もスタオペしちゃいましたワ。感動したものぉぉぉぉ!!

この日はNHKのカメラが入ってました。
芸術劇場でやると思うので、是非、皆様も見てみて!!

高くても(払ってないが)その価値がある舞台でした!
来年は「タンホイザー」なので絶対行きますっ!
今からオペラ資金を溜めるぜっ。絶対S席を取るわ!!

写真は東京文化会館ロビー。
年配の人も多いけど、若いカップルもいますよん。
オペラやクラのコンサートは男性のほうが多め。
開演前や幕間はシャンパンやワインを飲んで過ごします。
オペラデートが今、一番の憧れかも?!
劇場でもらえる冊子にはのだめのマンガも載ってます。かなりお得♪
[PR]

by oko50525 | 2006-04-03 15:34 | クラシックコンサート