アオバ パパ グラマラス

土曜日のことをいまさら。

朝からAOBA+ARTへ繰り出す。地元のアートイベント。なのに水戸で知ったという。
住宅地のなかに、アート作品が点在されている・・・というので、地図を片手に歩く。
近所とはいえ、普通行かない高級住宅地をウロウロ。
アートより、絶対数の多いアートな高級住宅をジロジロ。
どういう仕事をしたら、こんなに立派な家に住めるようになるのだろうか?
とはいいつつも、団地の角アールにも萌えてしまう私と牛。
なっかなかアートにめぐり合えないので、つい・・・ね。

やっと現れたアート!?木をよーくみると、いるよ、いるよ、小鳥さん!!
b0044209_1131299.jpg


「青葉食堂」というアート作品では、おうちの門に掲げられたプレートに今夜の献立が書かれる。
見たことない、すごーい料理名にビックリ。オサレハウスの住人は食べてるものもオサレ。
b0044209_15523862.jpg
公園にあった木で組み立てた回廊を必死で登っているわたくし。
「よっこいしょ」という言葉が良く似合う30歳。痩せろよ、自分。。。
夜の女のような柄+柄の服で自然とたわむれる。
木の上ではしゃぎ、作家さん本人に笑われてしまったわ。
高い位置から見ると見えるものが違う。
よく見ると回廊の下にはドングリ、木の芽などが。







家の中にもアート。「乾いているか乾いていないか」洗濯物が手をつないでるよ!
b0044209_11345356.jpg

住宅地をまったりお散歩できて、気持ちよす。心が豊かになる休日。
帰り道でアーティストと巡るツアーにも出くわす。
ご近所さんっぽい方やおじいちゃん、カワイイ女子たちが一緒に歩いててほほえましかった。
なんで、宣伝してないんじゃ?と思ったけど、これくらいゆるーいのがしたい、、のかもしれない。

b0044209_11404113.jpg

午後はパパ・タラフマラ「ガリバー&スウィスト」@グローブ座
「ガリバー旅行記」を描いたジョナサン・スウィストの生涯・・・らしいのだけど、全く知らない、ジョナサン。
ヤノベケンジが舞台美術を手がけるというので見に来たのだけど・・・舞台美術ではなく、ヤノベケンジの「作品」だった。
いや、ちょっとね、体調が悪かったせいもあるんだけど、集中力に欠いてしまって。
歌とダンスが、どうにも苦手な分野のモノでして・・・劇団○季的といいましょうか・・・
芝居の部分は好きだったのだけど・・・あと衣装もいいな、と思ったし、ヤノベ氏の乗り物もよかったし・・・
でも・・・なんていうか、「やりたいこと全部やっちゃいました!」な感じがちょっとなぁ。
アートと組む時は、アートありきで、ギャラリーに芝居を持ち込むほうがやりやすいのかもしれない。
特にヤノベ氏の作品ってメカなんで、それだけで「なんかすげー」って思えちゃうんだよね。
やっぱり、装置って裏方であって、芝居を生かせないんじゃ意味なくないかなぁ。
パパ・・・はずっと見たくて、初めて見た団体なので、いつもこんな感じなのか分からないけど
(翌日に会った相方は前に見たとき面白かったと言っていたし)今回は違ったなぁ。

夜はグラマラスのパーティへ☆
グラ男たちをチェキるも、いい感じなのは一人だけであった(あたし的にね)
むしろDOUBLEのバックダンサーのイカしたお姉ちゃんたちや、バーテンさんのがカッコ良かったわぁ(当たり前だが)
そしてゲストのセレブ姉妹に釘付け!色しろーい!胸でかーい!
b0044209_11472457.jpg
かわいい女子たちてんこ盛りのイベントで、女度が上がったよー!
世の中にこんなにカワイイ子がいるんだから、あたくしも負けじとガンバラねば、完全にうずもれるわ!!と、ちょっと熱くなった夜。

先週は本当に体調が悪くて、前日までナゾの偏頭痛に襲われたりしていたのだけど、
今週になってだーいぶ復活してきました!もう大丈夫だ!どんとこい!
[PR]

by oko50525 | 2008-10-14 11:49 | 参加したイベント