マダム・メルヴィル~2回目

b0044209_12181325.jpg昨日は興奮していて、さっぱり感想を書けなかったので改めて。

後ろから2列目、補助席の上手端です。
でも舞台は良く見えました。さすがキャパ200!
全体的にパワー不足かなぁと思ったのですが、
それは席が遠かったせいかな??

一度見ているおかげで、前半の伏線などが良くわかって「なるほどねぇ」なんて思いながら見てました。席が離れたおかげで、全体が良く見えたしね。

またまたネタバレ↓

前回、メルヴィルは25歳前後、って思ってましたが、
パンフレットによると30代とのこと。30代・・・う~ん、まぁ、そういわれれば・・・?
今回は破天荒なメルヴィル(石田ゆり子さん)に愛らしさを感じられました。
言ってることが支離滅裂だけど許せちゃうのは、石田さんの持つ清潔感のせいかも。

カール(成宮寛貴さん)も、ちょっと余裕が出てきたのか、後半は乗ってて良かったです。
笑顔をはじめ表情がキュート。最後に舞台からはける時の横顔は本当に綺麗だったぁ・・・

ルース(村岡希美さん)は、もうハッチャケまくり。笑。
彼女が出てくるだけで幸せな気持ちになります☆大げさな身振りは私に似てるかも。爆。

こういう少人数の芝居(1幕目2人、2幕目3人)は受け手の演技が重要になりますね。
相手の言葉をどう捉えているかが分からないと、客には「?」が残ります。
ちょっと良く分からないところがチラホラあって、もったいなかったなぁ。
他にも演出的に私と合わないところがあって、これは前回と同様、気になりました。

話は割と単純明快なので、演出家と役者でだいぶ違うものができそう。
男の演出家で今度はやってほしいと思います。

写真はロビーのお花たち。ランだらけの中、個性的な飯島直子さんの花が目立ってます。
[PR]

by oko50525 | 2004-11-12 12:37 | 観劇したもの