身毒丸 復活

b0044209_100391.jpg
さいたま芸術劇場で蜷川幸雄演出「身毒丸 復活」を見てきました。
ファイナルのあとに、復活をやるなんてねー。
この分だと、花より男子もファイナル後の復活が・・・あるか?!(ないない)
といっても「身毒丸」を見るのは初めて。復活、ありがとう。

さい芸会員のTのおかげで、前のほうのいい席で見れました。

オープニング、よかったー。カッコよかったー。
異形の者たちが徐々に迫り来る迫力!一気に怪しい世界に引きずり込まれましたよ。
昭和のアングラ芝居って、あんな感じだったのかなー?
あの世界観、いいなぁ。江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを思い出したよー(表紙の絵が怖いの)
できれば、花園神社外のテントとか、汚い小劇場で見たかった・・・
終わったあと、何もない与野本町の町並みだとちょっと残念。浸れなくてね。

セットの転換もビシビシかっこよかったー。
1時間半の短い芝居だから、何もかもがグッと凝縮している感じ。
今まで見た蜷川さんの演出で一番好きかも!(今まで翻訳モノしかみてないや、そういえば)

白石加代子さまは素晴らしかったデス。
あんなにコワーイのに、どこかユーモラスで笑いがとれるって、ステキ★
あれだけ暴れまわっているのに、カテコでは超キュートだし!!
声もね~、他の役者が張っているなか、張らずにシッカリ届く声で、うっとり。
声の幅あるのよね。堪能しました。

藤原竜也くんは、15歳で身毒丸でデビューしているんだよね?!すごいよっ。
今まで蜷川さんのロミジュリや、野田さんのロープ、オイルで見ているのだけど、
あまり好きな演技ではなかったの。
でもコレを見て「うわー、いいなぁ。かわいいし、セクシー!」と思いましたよ!
おぼこい感じがね、出てたねー、25歳なのに、少年の危うい色気がむんむんでしたよ。
狂ってしまって、卒塔婆の横で家族合わせの札を並べるところ。動きも目(盲目)もステキだったぁ。
S子としては、撫子の呪いでのたうち回るシーンも好き(笑)
あと、彼は歯を矯正しなくてよかったね。八重歯がお子ちゃまっぽくみえて、身毒丸にはグーよ。

全体的な世界観がすきだったなー。
秩父夜祭的な。(大学生の頃行ったけど、まだキャパ狭くて受け入れられなかった)
マネしている若手劇団は数あれど、ここまでの迫力ができるは、あの時代を生きていたからではないかと。
昭和のかをりプンプンでした。日本にまだ闇のあった時代の匂い。

まだまだ知らない世界がたくさんあるなー。どんどん広げていかなきゃなっ!
[PR]

by oko50525 | 2008-03-31 09:57 | 観劇したもの