ムネモパーク

b0044209_9341155.jpg

花粉症でノドは痛いし、鼻はつまるし、目はうるむし、かゆいし、で大変です。
天気がいいと落ち込むなんてイヤな病気だよ!!
さて、日曜はにしすがも創造舎でスイスのアーティストによる「ムネモパーク」を見てきました。
東京国際芸術祭(この存在を今回初めて知った・・・)の招聘作品です。

ステージはこんな感じ→b0044209_9493362.jpg
ステージ全体に鉄道模型のレールが組まれています。
俗に言う鉄道マニアのおじいちゃん、おばあちゃんが出演。模型の風景は自分たちが生まれたスイスの風景とのこと。鉄道に設置された小型カメラで撮られた映像が前方のスクリーンに映し出されるのだけど、最初、あまりのスピード感にビックリ。実際の模型の走るスピードはたいしたことなかったんだけどスクリーンで見ると、迫力。


模型はすっごく精巧!
b0044209_9341253.jpg

b0044209_9341235.jpg

おじいちゃん、おばあちゃんによるモノローグが話のメイン?
スイスという国の抱える問題点や戦争の歴史は、重いんだけど、
出演者のユルキャラ具合で、いい感じに緩和されて、スンナリ見れた。
戦争を知らない人間が戦争を演じることと、
知っている人間が戦争の体験を話すということは重さが違う。
ユーモアたっぷりの演出で、クスクス笑えて、面白かった。
b0044209_9341211.jpg

終わってからは模型の周りを、お客さんはウロウロ。
大きさは実際の1/87っていってたかな~?とにかく小さい、小さい!!
会場を出てから外のマンションを見上げたら、自分が模型の中にいて、見下ろされている気分に。
今にも誰かにツマミ出されそうで、ちょっと怖かった・・・不思議の国のアリス気分。
[PR]

by oko50525 | 2008-03-17 09:34 | 観劇したもの