時間堂「月並みなはなし」を見る。

前回の記事に書きましたが時間堂「月並みなはなし」をドキドキしながら見てきました。
ドキドキのせいか、朝起きぬけから頭痛が激しく、「ヤバイかも?」と思っていたのですが、
見終わったら治ったという奇跡。どんだけ緊張してんだ自分。客なのに、ただの。

初演出演者として「役者が変わると話も変わるんだ!」ということを痛感しました。
・・・ゴメンなさい、普通ですね。。。そりゃ変わりますね。。。
また旬くんの話を持ち出してしまってアレなんですけど、
「お気に召すまま」の再演というのは、初演と役者が同じなので、役者の力量アップを見るという感じだったのです。
演者が同じなので、舞台の持つ空気があまり初演と変わらない気がしました。
(もちろん、グレードはアップしてます。あくまで話の主題は前回から変わってない)

ところが演者が変わっての再演となると、舞台の持つ空気が初演とは全然違ってくるし、
初演とは別の話に思えました。これはもう再演ではないのではないかと。
これは私の主観であって、お客さまとしてみれば、初演も再演も大差はないのかもしれないんですどね。(特にセリフもそこまで大幅な変更はないですし、展開も同じです)

ちょっとネタバレつきの感想を書いたのですが、
役者である自分、ましてや初演に出ているのに書くのは気がとがめたので掲載はヤメました。
テキストは手元に残しておきますので、もし興味のある方がおりましたら、ご連絡ください(ってなんだそりゃ。笑)
[PR]

by oko50525 | 2007-10-23 16:15 | 観劇したもの