浅草演芸ホールで寄席を見る。

b0044209_9421458.jpg

三連休、終わっちゃいましたねー。おかげで休み明けはダルイっす。
週末から色々してたのですが、書くのが追いつきませんっ!!
というわけで、まずは人生初、落語にいったお話を・・・
(そういえば、関東は今日から「タイガー&ドラゴン」再放送してますね)

まずはカタチから入るということで、女子は全員、浴衣で雷門前に待ち合わせ。
さすがに女子5人の浴衣姿は目立つらしく、外人に写真撮られまくりましたよー!
男性も女性も「一緒に撮っていいですか?」といってくるので、センターに入れて。
雷門前で並んだ暁には、関係ない人々からもいっせいにシャッターが切られまして。
にわかアイドル気分でごわす。汗で化粧も落ちているというのに。。。

まずは大黒屋で天丼、浅草寺でお参り・・・の王道コース。
浅草寺では女子は全員、大吉!男子は最後に引いた一人が「凶」という落ち付き。
私も前回、浅草寺で「凶」を出したんだけどね。。。

浅草演芸ホールは、隣を通ったことはありますが入るのは初めて。
3時前につくと、「今は立ち見なので早めに入って、中入りでお客さんが席を立ったときを狙って座るといいよ」とホールのオジさんに言われる。
まさか、立ち見とは!落語ブームって本当だったのか?

浅草演芸ホールは一日いても2500円(オトナ。当日。再入場禁止)
確かに全席埋まってて、通路には立ち見のお客さん。スゲー。
年配の人も多いけど、若いカップルもチラホラ。意外と幅広い。
落語のほかにも、漫才や曲芸もあって、飽きないわー。
去り際もみんな、カッコイイ。話し終わるとサクッと去って行くの。拍手とか求めないんだー。

知っている落語家さんは、林家正蔵さんだけでした。
テレビで見てた時は、「女好きの太っちょなお兄さん」ってイメージ(失礼!)だったけど、
ナマで話してる姿を見ると、ヤバイ!モテるのが分かる!目がね、ヤバいの!
落語って1人で何役かこなすんだけど、役によって目の色が違って見えるんですけど。。。
これを「芸」っていうんだろうなー。
あと着物の着こなしとか、立ち居振る舞いとか、とってもキレイ。
正座したままなのに上半身はとっても動いてて、でも着物はまったく崩れない。すごいなー。

ポンポン次の人が出てきて、見ていて飽きないし、これは何時間でも見ちゃうかも?

とりあえず、昼の部の1時間半ほど見てから、アンジェラスでお茶、浅草寺で灯篭を見て、
最後は屋台でビールを飲んで解散。粋な一日でありました。お後が宜しいようで・・・(使い方違う)
[PR]

by oko50525 | 2007-09-26 09:42 | 観劇したもの