おびえる。~NODA MAP番外公演「THE BEE」

b0044209_10213362.jpg
シアタートラムでNODAMAP番外公演「THE BEE」を見てきました。
野田秀樹っていうだけでも絶対見たいのだけど、
そこに加えて、今回はコンドルズの近藤良平さんも出演。
彼の役者デビューとなれば、こりゃ見逃せないのでございますー。
ってか、年々、チケットが取り辛くなってきてるよねー。
次回のNODA MAPは主演がツマブキくんだし・・・はぁ。取るの大変そう・・・

***以下、ネタバレ***
で、肝心の「THE BEE」
シアタートラムという小劇場規模の劇場なので、装置とかどうなるのかと思ったけど、
紙を使った装置で、簡素だけど、映像を活用したり、素晴らしかった。このアイディアはいい!

話は筒井康隆氏ということでブラックユーモアを期待していたのだけど・・・怖かった・・・
野田さんはここ最近、「報復」がテーマにあるような気がしてたんだけど、まさにコレも「報復」「復讐の連鎖」。
前回の「ロープ」は正直、どっちつかずな感じを受けて、イマイチだったんだけど、
コレはもう絶望的な結果に終わっていて。

この内容を「世界」とリンクさせて考えれば、それはそれで、とても深いのだけど、
実際に現実の世界で連日放送されるニュースには、似たような絶望的な事件が多い。
(THE BEEでは、家族を人質にとられたオトコが、犯人の家族を人質に取り、お互いが「加害者」となる話。息子の指を切ったり、レイプしたり残酷な描写も多い)
だから「また現実を見せられても・・・」とも正直思った。

こんなに暗い事件が簡単に放送される時代だからこそ、
劇場では、違う世界を見せて欲しいという気持ちが最近、生まれてきていて。
ただでさえ現実が厳しいのに、芝居でも厳しい現実を突きつけられると、疲れるというか。
こういう話は世の中がハッピーな時にこそ見るべきではないかと。

ある意味、今の世の中だって「ぬるま湯」なのかもしれないけど、
その「ぬるま湯」ゆえのつらい現実っていうのが広がってて。

うーん、言葉ではウマく言えないし、この話はコレで成立していて素晴らしいのだけど。
現実を見せるのとは別に、芝居でその現実をどう変えられるのかを見せるという方法もあるんじゃないかな?
それこそ、本当に演出家としては大変なことだとは思うんだけどね。

ただラスト、すべてのものと人が紙の中にくるまれて、
カーテンコールで紙の中から役者が出てくるのは、卵から生まれてくるみたいで「再生」を感じた。
すべてが消え去って、その中から生まれてくる人々は、
それまでの役が消えて、人間として魅力的な役者たちで。それは「希望」だなぁ、と。

とにかく、ズシンとくる芝居です。現実を直視する覚悟で見にいくことをオススメします。
[PR]

by oko50525 | 2007-06-24 23:38 | 観劇したもの