握手&サイン会でハッスル。そして失敗。

b0044209_1164991.jpg
小栗旬くんの握手会に行ってきました~!
プレゼントとして手ぬぐいを買ってあったのですが、
お店のおばちゃんのラッピングが甘かったらしく、すでに袋の口が開いちゃってて、微妙…
焦ってソニプラに寄るも、ホワイトデー明けでラッピンググッズなんて売ってない!
続いてLOFTへ行くもラッピングがなく…
小走りでフロアーを回っていると、裏のコーナーに祝儀袋を発見! 「これイケるんじゃね?」
手ぬぐいの入る、一番大きい祝儀袋(熨斗は寿)を買って会場へ!

サインがある人と握手だけの人は別の列。
握手の人が終わってからサインの人。
周りのファンの子たちと盛り上がる・・・というか、盛り上がりすぎる?皆様、ゴメンなさいっ。

握手会は巻きの体制で気がついたら私たちサインチーム。
紙を渡され、サインにいれて欲しい自分の名前を書く…んだけど、
「親愛なる葉へ」と書き、相合傘で私の名前とサインを並べるよう指示まで入れる。
触発され悩む周り。これが悲劇の始まりだった…

気付いたら、並んでいた階段の下にサインをしている旬くんが見える!!
例の祝儀袋の赤い紙が私の指を赤く染めるし、松の飾りは取れるし(○円もしたのにチャチすぎ!)、てんてこ舞い。
両手が塞がってるのに、さらにサインをするために写真集の最初のページを空けてください、という指示… 待って~そんな余裕ないっす!

係員さんからギリギリで「名前以外はサインに入れられません」のお答え。
係員さん、名前だけが分かるように折り畳む…ネタとして旬くんに見てもらいたかったな~。

とりあえず写真集を開いて旬くんのもとへ。
私「よろしくお願いします」
旬くん「名前、ヨウって読むの?」
私「はい!そうです!」

サイン中…会話がない…と、とりあえず、名前の話が出たので、
私「あ、紙には相合い傘をかいたんですけど…(ネタ披露気分)」
係員「名前以外は書けないんですみません」
え?私は旬くんに話してんのに何故しゃしゃりでる?
これじゃクレームつけてるみたいに思われるじゃない!!慌てる私。
私「いや、あの、分かってます!あの!ネタなんで!(必死)」
なぜ旬くんに会いにきたのに係員と会話を?
しかも旬くん固まってるし!なんだ、この沈黙!私、嫌な女みたいじゃん!ギャー!(パニック)

サイン終了…本とポスターを手渡され、手を差し出される。
まず握手!
そして祝儀袋を贈呈。
私「お金じゃないんですけど…」
旬くん「なんだ、お金じゃないんだ~(笑)」とクルクル祝儀袋を回す。

再び握手(したと思う・・・良く覚えてない・・・)
私「がんばってください!」(100万ドルの笑顔)
王子もちょっと笑顔に・・・(疲れてたのか、引きつってたかも・・・)

なんだそりゃ~!
なんか全体的にダメダメな展開なんですけど!?
トークったって旬くんと話さず係員と喧嘩腰だし、旬くんには言いたいことのひとつも言えてないよ!

がっくり落ち込み、サイン会で知り合ったHちゃんとトモミと居酒屋へ。
Hちゃんのサインには「Hさんへ」
私には「葉へ」
呼び捨てかいっ!! (爆笑)

「嫌われた~」と嘆く私に「大丈夫!覚えてないから!」と励ます二人。
あの…それ励ましになってないんですけど…

なんかもーダメすぎて死ぬ! 自分バカすぎ!!
でも旬くんは前より普通の男の子って感じでした。
前回はちょっと緊張してたのか、硬い感じだったんだけど、
今回は普段の素っぽい旬くんが見れて良かったかな~。他の人もたくさん話せてたみたいだし。

テンション上がりっぱなしで、いまいち記憶があやふやですが、旬くんのキラキラオーラは眩しかったです。
自分も頑張んなくっちゃな!また気合入れなおして頑張りまーす☆
[PR]

by oko50525 | 2007-03-16 00:51 | 旬くんのこと