つゆのひとしずく

b0044209_1324354.jpg

明治学院大学で「つゆのひとしずく」講演会に行ってきました。
学校内のクリスマスツリーに興奮!
司会の仏文科の学生二人はモデルか!?ってくらい綺麗でスタイル抜群。
ツリーといい、オサレ校舎といい、美女学生といい、私には入れない学校だ(まず学力が足りない)
イベントでは佐野史郎監督作品の「つゆのひとしずく」を上映。
写真家・植田正治の作品を画ニメにした静かな作品。
植田氏は最近一番興味のある写真家。
今まで何度も鳥取に行ってるのに彼の存在を知らなかったのが悔やまれる…
砂丘シリーズの影響で、モダンでファッション誌のような写真のイメージが強かったんだけど、映像作品では町の風景や自然な人々の写真も多くて、また違った印象。

上映後、佐野史郎による小泉八雲「つゆのひとしずく」の弾き語り!
佐野氏、植田、小泉は山陰地方出身です。

佐野氏のギター演奏が素晴らしくてウットリ。多才!

その後、教授と植田氏のお孫さんを交えてトークショー。

佐野氏の「エンターテイメント性の強い作品にしました」に「全然エンターテイメントじゃないよ」という教授のツッコミ。その通りだ。

副題「僕らの身体も写真機だ」に対し、少々こじつけな意味付けをしたり、みんな話好きで終わらない!
会場の寒さと次の予定が気になって話にのめり込めなかったのが残念…。

人間はただのレンズだって考え方が興味深かった。
感情を表情以外でどう観せるか、という話は役者としてテクニックが求められる部分だなーと。
特に前回公演での演出から、この部分に対する表現手法を学んだのでタイムリーだった。
私のような感情先行役者としては課題なんだけど。

その後、新宿で鍋パーティ。ワイワイ盛り上がる☆
久しぶりに八海山を飲んだわ~!日本酒苦手だけど美味しく感じた。
楽しいと酔わない自分を改めて実感。楽しい宴であった…(余韻)
それにしても、ちっともダイエットできない…まずい…
[PR]

by oko50525 | 2006-12-03 13:02 | 参加したイベント