キエフ・オペラ「トゥーランドット」

b0044209_1645580.jpg
オーチャードホールでキエフ・オペラ「トゥーランドット」を見てきました。
ウクライナ国立歌劇場によるもので、荒川静香効果なのか客席は満席!!
今回は三階席で観劇。思ったよりは全体もオケピも字幕も見やすくて満足。

トゥーランドットといえば、「誰も寝てはならぬ」ですが、カラフ王子の声量がイマイチ。
それよりは、トゥーランドットとリューが素晴らしかった~。

この話、初めて知ったんだけど、理不尽!!
見る人は、奴隷のリューに感情移入すると思うよー。王子とトゥーランドットは勝手過ぎますわ。

トゥーランドットっていう冷たいお姫様がいて、彼女に求婚したものは彼女の出す三つの謎に答えなくちゃいけない。答えられなければ死刑!!
とある国の王子は、トゥーランドットに一目ぼれ。
自分を愛してくれている奴隷のリューには目もくれず、たった一目見ただけの冷たいトゥーランドットを嫁にすべく、 死刑の可能性も省みずに謎に挑む。
私も王子と一緒に、このナゾを考えたんだけど・・・そりゃないだろ、って珍答。分からなくても仕方ないって~。
トゥーランドットはプッチーニ以外もオペラにしていて(今では上演されないけど)
それぞれ、この三つのナゾの答は異なるそうです。
とりあえず、プッチーニ版の最後のナゾの答にはヤラれたね!

すべての謎に王子は答えるものの、結婚したくないと言い張るトゥーランドット。
ならば、明け方までに私の名前を当てれば、死刑になってもイイ、なんてっていう余計なことを言う王子。

姫の手下たちは、王子の知り合いであるリューを探し出し、
リューに「王子の名前を言わなければ拷問に処する」というトゥーランドット。
王子を愛しているリューは、王子の名前を言わずに、自害!!
そんなことをさせるトゥーランドットってさー!!
どう考えてもワガママっていうか、最低だよね?!
なのに、まだ覚めやらぬ王子のトゥーランドットへの想い。
それを受けて、なぜかトゥーランドットも王子に心を動かされ、
「あなたの名前が分かりました。それは『愛』!!」なんて叫んで大団円。。。。

ちょっとまて~!!リューって犬死?!
つーか、そんな残酷なトゥーランドットのどこがいいのよ?
自分のために死んでくれたリューのほうが、よっぽどいいじゃんよ?!


にもかかわらず、なんだか素晴らしい音楽で納得させてしまうのがオペラの醍醐味…?!
私もすっかり「いやー、まぁ、よかった、よかったよ」と拍手。話より音楽なんだな、やっぱり(^^;

それにしても、オペラはやっぱりイイ!!大好き!!
こんなに面白い芸術はないと思うよー。
見たことがない人はだまされたと思って一度は見たほうがいいと思います。
但し、S席で1万円以下のものはやめたほうがいいデス。
お金は出しただけいいものが見られるのがオペラなので(と私は思う)。

トゥーランドットは話がサスペンスチックでドキドキしました。
オペラ熱覚めやらず!また高いチケットに手を出しそうで怖いわ~。。。
[PR]

by oko50525 | 2006-10-08 23:34 | クラシックコンサート