つかこうへいゴールデンシアター「蒲田行進曲~城崎非情編~」

b0044209_1119428.jpg
青山劇場でつかこうへいゴールデンシアター「蒲田行進曲~城崎非情編~」を見てきました。

今回はジャニーズが主演のゴールデンシアター。
装置がほとんどない舞台。青山劇場とは思えない簡素さ。
そこらへんが、つかテイストなの?(セットなし、衣装ジャージ・・・なイメージ)

銀幕スターの銀ちゃんと、彼を慕う大部屋俳優のヤス、そして、銀ちゃんの恋人でヤスにも想われる小夏の三角関係と、「階段落ち」をめぐる映画業界の裏話が主なストーリー。
ジャニーズ色は薄かったものの、オープニングは少年隊ソング・・・♪好きさ、お前が~

銀ちゃん役は錦織一清さん。ティヤ!
スターさんなんだけど、性格は悪いし、女の敵みたいな役なんだよね。
この役は演技力よりオーラが必要かも?ニッキはマイペースな感じでなかなか良かったデス。

銀ちゃんの親友でライバルの中村屋には佐藤アツヒロさん。
一人語りのギャグシーンを彼が担当。
こっちに愛想を振りまくことなくギャグをやってのけたので好感。
オヤジなダジャレシーンを真顔でやってて、爆笑でした。つらい芝居だけに笑えるシーンは貴重。
想像より男らしい人でビックリ。顔だけ見て耽美系かと思ってたんだけどね。
舞台を最近は頑張ってるだけあって、慣れてる感じ。やはりジャニーズは何かが違う。

銀ちゃんの恋人・小夏は黒谷友香さん。 元モデルだけに手足長!
小夏も結構とんでもない人なんだけど、コロコロ変わる彼女の心境をちゃんと表してて素敵でした。
芝居の中だけで、この人、どれだけ泣いたんだろう、ってくらい泣くシーンが多かった(気付くと泣いてる)

そして、なにより掘り出し物はヤス役の風間俊介くん!!
この話の主役は本当はヤスなんだよね(銀ちゃんや中村屋は途中、ぜんぜん出てこない)
物凄い膨大な量のセリフをよどむことなく言ってのけるし、怒鳴りセリフも耳障りじゃないし、ちゃんと言っていることがお客さんに聞こえるの。これは役者として大事な才能だと思う。
途中からトチ狂っちゃったり、延々、小夏の腹を蹴飛ばしたり、物凄い大変な役なんだけど、魂の入りっぷりが凄かった。
今すぐ蜷川センセに紹介したいよ!!ニーナの好きなタイプじゃないかな?

話としては、銀ちゃんとヤスの関係が薄いような気がした。
銀ちゃんがヤスをどう思ってるのかが、あまり見えなくて残念。
男二人のSM的なゲイに近い関係がこの話のポイントのように思うので・・・

最後の階段落ちも、階段ナシ。フラットな床で転がる。
でもここの見せ方は、さすがジャニーズの身体能力でちゃんと階段を落ちてるように見えました。
最後はみんなでダンス!!(爆)黒谷さんが宝塚みたいでカッコ良かった!

私としては、ヤスにスタオペくらいの勢いだったんだけど、スターさんなニッキセンター、横にアツヒロと黒谷さん。 うーん、やっぱりヤスは大部屋俳優なのね?
でも、ヤスなくして、コノ話は成り立たないので、演じきった風間くんには、役者としてこれからも頑張ってほしいなー☆

まぁ、話が話しだし(妊婦を蹴飛ばしたり、とにかく暴力多い。あと、かなりムリヤリ)
話も改訂しているだろうけど、古臭いんだよね。演出も話も。。。
でもこの世界に憧れる男性がいることは理解できる。
男性向けの話です(客席はジャニファンの女子が多かったけど)

あ、有名なテーマソングはエンディングにジャニーズバージョンで流れるだけでした。
もっと聞きたかったな~。キネマの天地~♪(舞台なのに映画の話とはこれいかに)
[PR]

by oko50525 | 2006-09-14 23:11 | 観劇したもの