SHAKESPEAR'S R&J

パーティが終わってスッカリふぬけです。
すっごく楽しかったけど、色々、協力してくれた人にちゃんとお返しできたか不安。
芝居が終わると、いつもそんな感じなんだけどね。案外、小心者の臆病者です。

で、パーティ明けの土曜日に「SHAKESPEAR’S R&J」をPARCO劇場で見てきました。
前にも書いたけど、私はシェイクスピア作品のファンです。
シェイクスピア、ってつくと見に行きたくなっちゃう。
今回は大ファンの小林高鹿さんが出演するということで、
ちょいと高いチケ代でしたが、迷わず購入いたしました。ふふふ。

厳しいカトリック系の寄宿舎で夜な夜な「ロミオとジュリエット」をリーディングする4人の男子学生。
リーディングをしていくうちに、自分たちの中に溜まっていた情熱があらわになってくる、、、というような話(説明むずかしー)。セットは机と椅子だけで、何もないシンプルな舞台。

男子学生をメインにした話かと思ってましたが、おもいっきり「ロミオとジュリエット」でした。
4人の学生が持ち回りでロミジュリの登場人物を演じていきます。(はしょられていたシーンや役もありました)

役者さんたちの声が良くて、シェイクスピアの長セリフをはっきり聞かせてくれたのが嬉しかった。
衣装が学生服のまま、ロミジュリの役も4人で何役かこなします。
舞台上を動きまくる役者さんのパワーが圧巻!身のこなしも、とってもキレイ。

ただ私はロミジュリの話を知っているし(12月に見たばかり)、原作も読んでいるので、
見ていて情景もダレがどの役をやっているのか分かりましたが、知らない人は難しいかも。
日本人がシェイクスピアをやる時には、こちらに予備知識がないのを分かったうえで、
分かりやすく演出を見せてくれますが、
オフブロードウェイの作・演出家ということもあり、話を見せるという点で、ちょっと不親切だったかも。見に行く方は、少しでもロミジュリをかじっていったほうがいいと思います。

ただ、私は凄く引き込まれたし、もう一度見たいくらい素晴らしい舞台だと感じました。

補足:劇場外のポスターを携帯で写真に収めていたら、劇場の人に怒られちゃいました。。。よって写真はナシ。HPを見てみてください。イイオトコが揃ってます。笑
[PR]

by oko50525 | 2005-02-14 12:06 | 観劇したもの