八丈島の思い出~その2~

半年以上前の旅を振り返るシリーズ。その2。

八丈島一人旅の2日目は山登り。
「八丈富士」と「三原山」のふたつがありますが「八丈富士」へ。

※この二つの山のちょうど間のくびれ部分に空港があります。
そう、ひょっこりひょうたん島のモデルは八丈島なのですよ~

実は、前日の滝見学の帰りに足をおかしくしていた私(よくやる)。
でも、トレッキングをすると決めていた以上、予定変更は許されない。
とういうか、それくらいしかやれることがない八丈島。

宿のご主人が八丈富士まで送ってくれたのだけど、これが大誤算・・・!
観光客の人がトレッキングのスタートとする階段地点まで、
ここ(車道)から徒歩2時間だったという!!

そんなことはつゆ知らず、「山、だいぶ遠いけど・・・ここが麓となのね?」と信じて出発。
普通に車道・・・でも人は歩いてないし、車もたまーに通りかかるくらい。
空気は美味しいし、足は痛いけど、元気よく出発!!

まだまだ遠くに見える八丈富士。
b0044209_9425328.jpg

山の天気は変わりやすく山頂を雲が覆ったり、晴れたりするのを観察しながら登る。

そして2時間・・・やっと八丈富士に上る階段に到着。
野生の山羊が逃げないように柵が張り巡らされており、そこを開けて階段へ。
そして階段わきには駐車場・・・この時点で「もしや、ここが登山道入口?」と気づく。。。

1280段の階段を上ると、そこは頂上!火山口!!ジュラ紀の風景!
b0044209_949647.jpg

この火山口をぐるっと回るのを「お鉢めぐり」というんだけど・・・
結構な断崖絶壁ではないですか!!足の痛いあたしにはムリ!あと高いとこ苦手!!
b0044209_9502578.jpg


とりあえず、意を決して「頂上」と呼ばれるところを目指すも・・・
ぐるーっと丸い火口・・・いったい、どこが頂上なのか?
あとものすごい風が吹いてきて、まぢで怖い!!
私が山に登ってることなんて誰も知らないし、ここで死んだら・・・数年行方不明扱い。。。
「もう、ここが頂上ってことにしよう!」とちょっとだけ高い岩まで行き、退散。

山でであった人々からは口々に「お嬢さん、車道から歩いてたでしょ、すごいね~」と声をかけられる。
別に、歩きたくて歩いていたわけでは・・・モゴモゴ。

お鉢まわりを断念してボンヤリ海を眺めていると、火口内からオバ様二人組が登場。
どうやら、火口内に「浅間神社」という神社があるらしい。
オバ様二人は、関西からわざわざ「元気がもらえそうだから!」という理由で八丈に来たとのこと。
バイタリティのある素敵なお二人で、八丈より彼女たちから元気をもらう。

「足がちょっと痛いんですけど、行ってみます!」と宣言して、私も浅間神社へ。
これが最初から、せまーいジャングルみたいな道。道というか、のっけから「穴」。
こんなところを、あのオバ様二人が歩いたのか?と怪しみつつ、
オバ様が歩けるなら私に行けないことはない、とジャングル探検。
道にはなってるけど、左右から草木が覆いかぶさってきていて、歩くのも大変。

10分ほど歩くと、それらしき神社に到着。神社といっても、祠があるだけ。
神社の横は崖!!この景色がすごかった!!火口のジャングルがすぐそこに。

で、これ不思議だったんだけど、私が火口に見とれてたら、
カップルらしき若い男女の笑い声がしたの。
ここまでの道は、人一人がやっと通れる道だったので、
ここにとどまってたらお邪魔だなーと思って、早々に退散したのだけど・・・
帰りの道で誰にも会わない!!

もしかしたらお鉢まわりのカップルかとも思ったけど・・若いカップルなんていなかったし。
精霊の多い森らしいから、そんなことがあってもおかしくないのかなぁ。なんて。

元来た道を戻ると、先述のオバ様二人が待っていてくれました。
私が「足が痛い」といったから心配して待っててくれたらしい・・・うう、ありがとうございます!!

車のない私は再び車道を歩いて下山(タクシーなんて走ってない)

「ふれあい牧場」とやらがあるらしいので、ちょっと寄ってみることに。

この「ふれあい牧場」・・・無人!!!!
ここまで飲み物すら持たずに4時間以上歩いていたので、自販機があったのが救い。
b0044209_1065414.jpg

牛をながめながら、ジュースを飲む。牛、私に興味なし。
柵もあるような、ないような、な状態。
ここからの眺めは絶景でしたよ。向かいの三原山、下の空港と島の形状が分かる。

ちょっと休憩してから、山を下り、そのままバスもタクシーもないので歩いて空港へ!!

結局、6時間、食事もとらずに歩き続けておりました。自分、すごい。体力ありすぎ。

いったい何を考えながら一人で6時間も島をさまよっていたのかって感じですが、
心は充実&満たされていたことは間違いない。すごい楽しかったもの!

というわけで、旅日記はおしまい。
実は今、青ヶ島を狙っております。八丈島よりさらに先。
それこそ、何もない島みたいだけど、行ってみたいな~★
[PR]

by oko50525 | 2012-09-26 10:12 |