近所のマイケルとバッカス。

b0044209_9561699.jpg
写真は、数ヶ月前に突如現れたマイケル坊や。
毎日、座っている位置や角度が違うので、会うたび「おや」と思わせてくれる。
一度、道路ギリギリまで出て、正面を向いていたので、
見慣れているマイケルくんなのにビビらされたヨ。

さて、昨日は深夜のご近所探訪。
ORIちゃんと待ち合わせて、前から気になっていた「カクテルの店 バッカス」へ。
居酒屋礼賛で紹介されていて、一度、来てみたかったの。

線路沿いにあるバッカス。
木のドアは窓がないので、中がどうなっているか分からず。
(覗き穴を覗くORIちゃん。「見えない」。そうだね、それ、中から確認する用だから。笑)
たぶん、普通に一人で来てたら、怖気ずいてたかもしれないけど、
「おもしろ」を引き当てる、みずがめ座女子2人の運を信じて、中へ!

中は、、、、まるで昭和?に戻ったかのよう(昭和生まれなのでタイムスリップとは思わない)
中のステキな様子はコチラをクリック ⇒

「いらっしゃいませ」と蝶ネクタイ(オシャレ!)のマスターが迎えてくれる。
癒し系の笑顔に安心する私。お酒の値段も良心的!(カクテル一杯650円~。チャージなし)
お客さんも他にいなかったので、さらに安心。

普段ならビール一筋の私も、カクテルの店なので、カクテルを。
とはいえ、普段飲まない=詳しくない のでマスターに相談。
「ジンで甘すぎないお酒を」とお願いすると、ホワイトレディというカクテルを作ってくれました。
ORIちゃんはフラフラ(ハワイのフラダンスの意味だそう)というオレンジ色のカクテル。

やたら落ち着く店のつくり。
「いつからやってるんですか?」と聞いたら「お二人が生まれる前ですよ」とのこと。
「またまた~!」「相当昔ですよ~」といって笑ってたら「50年前からです」って!マイコーと同い年!
店の作りも開店当初から変わってないんだって。
入り口にいるフナ(マスターが多摩川で釣ったそう)も18歳。フナって、そんなに長生き?

お酒を味わいながら(まさに味わうという言葉が相応しい)
マスターと世田谷温故知新トーク。話が戦中にまで飛んだりして(ま、私がふったんだが)
マスター、すっごく癒し系。なんだか、時の流れもゆったりしてて、とても2009年とは思えず。

二杯目は2人ともウィスキーに挑戦。私は水割り、ORIちゃんはロックで。
アイリッシュウィスキー「BLACK BUSH」。甘くて美味しい~。
ORIちゃんのアイラ島のウィスキー「BOWMORE」は、いい香りと薬酒みたいな苦味とこってりしたコクのある味。
ORIちゃんのはグラスがチューリップ型。なんでかな?と思ったら、香りを楽しむためなんだって。
お酒の香りを楽しんでもらうために、お料理も出さないというこだわりがステキ。
(確かに調理の匂いがしてたら、こんなにウィスキーの香りなんてかがなかったかも)

こんなにお酒を味わったことってないなーってくらい、じーっくり楽しんで飲みました。
今、若い人はお酒離れが進んでるっていうけど、それは美味しいお酒を飲んでないからかも?
安い居酒屋の薄いお酒を飲んで、バカ騒ぎする・・・のではなく、
こうやって、おしゃべりしながら、ゆったりお酒を味わうのが大人のお酒の楽しみ方だわね。

とーっても落ち着きお店でした~。
12時くらいまで、ということだったので、もう一杯飲みたかったけど、我慢してお開きに。
フナが、ちゃんと玄関に移動した私たちのほうを見送ってくれた(笑)

バッカス、噂にたがわず、ステキなお店でした。
大事な人と来るのがオススメです。ゆったり、静かにお話できるステキ空間。また行こうっと~!
[PR]

by oko50525 | 2009-12-03 09:55 | 日常のこと