ザ・ダイバー@池袋芸術劇場小ホール

先日、野田秀樹演出「ザ・ダイバー」@池袋芸術劇場小ホールをみかげ姫と見てきました。
前から3列目の良席でしたが、前と段差があまりないので、ちびっこみかげは見れたかどうか?
b0044209_1528268.jpg

能曲「海人」と「源氏物語」のエピソードと、現代社会で起きた事件を重層的に描き、サスペンスフルな展開で人間の苦悩を描いた作品。@ぴあ

すみません、「海人」も「源氏物語」も知りません。。。
「源氏物語」は授業で習った程度の知識ならあるけど・・・読んだことなし。
でも、それを差し引いても、緊張感のある、上質な芝居でした。

不倫の末に殺人を犯し、逮捕されたユミ(大竹しのぶ)は、牢獄で?精神科医(野田秀樹)の診療を受けている。
警部(渡辺いっけい)と検察官(北村有起哉)は、責任能力があることを立証したいとしているが、
ユミは次々と「源氏物語」の登場人物の人格となって、3人を翻弄する・・・

というわけで、役者は4人。セットも椅子だけとシンプルで、小道具は能を思わせる扇子や布くらい。
現実の役と、源氏物語の中の役をいったりきたりする(特に大竹さんと北村さん)は集中力がハンパなかった!
不倫関係の二人のシーンは、有起哉さんが色気たっぷりでドキドキしたわ。
最低な男なんだけど、こりゃ、不倫に走る女子がいるのも分かるわっていう・・・納得。
大竹さんは、いきなりオバちゃんになったり、かわいいお姫さまになったり、いろいろな表情が瞬時に入れ替わる。
最初の登場はオバちゃん?って感じだったのに、恋する乙女の目の輝きは、一体ドコから??

野田さんは、不倫相手の奥さんを演じてるときがステキだったわぁ。
私が以前演じたことのある役と近いので、なんか勝手にシンパシー★ヒヒヒ。

いっけいさんは、汗かきながら舞台を駆け回ってて、かわいいんだけど、
たまに目が鋭くてドキッとしたり。もっと源氏物語の人物にもなってほしかったな。

女の愛憎がメラメラしている舞台でした。こわいよ、こわいよ~。不倫してる人、気をつけて!!
しょせん結婚なんて、たかが紙切れ一枚のことなのに、なんでこんなに足枷になるんでしょうね?
やっぱり、相手の愛を独り占めしたくなるものなのかしら?(ボビーの家を見習ってほしいワ)

源氏物語、ぜんぜん、知らなかったけど、ちょっと興味がわきました。
あたし、お姫様たちより源治の気持ちが分かっちゃいそうで怖いけど(^^;

終わってから、みかげ姫と呑みに。
目当ての店が込んでたので、オサレ居酒屋に足を踏み込んだんですけど・・・明らかに場違いだったね!
若いサラリーマンとミニはいたOLさんの、欲望と倦怠感が渦を巻いているような店だったよ!!
こわい~こわいよ~。この中に、さっきの芝居みたいな関係の人もいるはずよ~。
完全に気分を害したみかげ姫の一言で店を変更!!
そのあとに入った蕎麦屋さんが、超いい店でね~。貸切でした(笑)
そして、お姉さんが、笑顔がステキで、もうメロメロでしたよ、あたし。
喜んでたべものを撮影するみかげ姫。さっきまでの毒気に当てられた顔と違い輝かしい。
b0044209_15554555.jpg

最近、私、人に甘すぎるかしら?と思う出来事がありました。
昔なら怒り狂ってケンカしてたようなことも、「価値観が違うんだから仕方ないかー」と
あきれると同時に諦めるようになってしまって。
怒るのってパワーいるから、本当に大事な人にしか怒れないんだよね、実は。
人の痛みが分からないような人間にだけはなりたくないな。
[PR]

by oko50525 | 2009-09-08 15:58 | 観劇したもの