夏の終わり・・・

あたくしの日課はJ‐WAVEのプラトンを聞くことなのですが、昨日の放送で、
「箱根鉄道で運転手が車掌が乗っていないことに気付かず発車し、
車掌は走って隣駅まで行き、無事乗れたため、ダイヤにみだれはありませんでした」ってニュースが!
後ろで笑う渡部さんとリリー・フランキー(笑)
「ニュースじゃないじゃん」って!本当だよ!
でもちゃんとニュースのコーナーで言ったんだよ(笑)
ほかに事件がなかったのか、面白いと思ったから、あえてニュースにしたのか?
どちらにせよ、一人、部屋で声を出して笑ってしまいましたヨ。

さて、月曜はみかげ姫とあひるなんちゃら「サマーゴーサマー」@OFFOFFシアター
b0044209_952167.jpg

偶然、隣の席がフキちゃん@東京ネジ、反対側が和美@SWITCH編集者 だった。
フキちゃん、髪の毛短すぎて、男の子だと思ったよ。
喫煙所で、マリマリとせっかく会えたのに、今井さんの話をするのを忘れた。。。

客演に器用な役者さんが呼ばれるようになっていっているので、
基本のストーリーとか、きっと、昔のあひると変わってないんだろうケド、
前回あたりから、やたら丁寧な芝居に感じられて、
「あ~、あひるなんちゃらって、お芝居なんだなー」とかフツーのことを思ったりする。笑

個人的に、自然体な江見さんが、ステキだなーと思った。
肩の力が抜けてる役者が好きだわ~。
扇風機に指をつっこむってさ・・・危ないよね・・・
(確か、以前のあひるでチャリに引かれようとしていたのも江見さんだったような?)

なんとなく、物語の吸引力というものについて考えた。
あたしは三木聡監督が好きなのだけど、あの人の作品って、
変わった人たちが出てきてダラダラ話してる・・・ように見せかけて、
実は裏に監督の狙いが確実にあって。
そこに気付く人もいるし、気付かなくても、なんとなく見てしまうだけの吸引力がある。
今回のあひるは、吸引力が弱い気がした。評判はいいから、なんとも言えないけど。

舞台となっている場所が、私の住んでる街に近くて、そこがやたらシンパシー。

終わってから、みかげ姫、ちゃあ、和美、あたしで呑みに。
月曜だし、呑み過ぎないように・・・と思っていたのは、最初の3分くらいで、ついハシャグ。笑
女子呑み、久しぶりだったけど、やっぱり楽しいなぁ。
このメンツは私が悩みごとがあるときに相談してたりする人たちなので、
(たぶん、この人たち、聞き上手なんだよね)
いつも以上にオープンマインド。窓開けっぴろげ、全開でトークしてしまった。
帰り道のチャリがやたら爽快だったわ。

とはいえとはいえ、実はまだ体調の変なアタクシ。
いつまでたっても治らない病に辟易しておりますよ。原因不明だから仕方ないのか?
医療費がかさんで、ガックリざます。健康第一。
[PR]

by oko50525 | 2009-08-26 09:16 | 観劇したもの