表現する人

b0044209_12304292.jpg

Tシャツにボディペイントの液体がこびりついてしまったので、表参道のラ・ドログリーへ。
手先が不器用な私は手芸なんて縁遠く…オサレな手芸品屋さんでも勝手が分からずウロウロ。
ちょうどいいワッペン?があったので店員さんにお願いすると、アクセサリーの作り方をいろいろ教えてくれました。思ったより簡単そう…いつか挑戦したい。

ワッペンはアイロンでくっつく簡単なヤツだったけど、
なんとなく手作りした気分で満足☆

役者休業中の友達が「表現することはしていたいから、今はパンを焼いたりしてる」と言っていて。
私は表現したいと感じたことがないことに気づいた。
「芝居やってる」なんていうと「表現者」って思われたりすることあるけど、
私は「演出家の表現」に参加している、演出家の表現を体現している感覚が強い。
もしくは、脚本家の作ったキャラクターとしての表現というか・・・うまく言えないけど、自分の表現とは違うっていう・・・。

第1、私には表現したいことがないんだよなー。
だからこうやって芝居もなくて、一人になると何をしていいか分からなくて、
アートや芝居、音楽、映画といった人の表現に触れにいってしまう。

この間、岡田准一君のラジオに箭内さんが出ていて、
「僕はカラッポなんだよねー。一人で何かは出来ないけど人と会うとアイデアが出てくる」といっていて、
ぜんぜん、私とレベル違いすぎてアレだけど、共感できるというか分かるなーと想った。

あと「人から楽しそうって羨ましがられたい。だから楽しそうにしている」って言っていて。
それって、わかる、わかる。

一度、大人数で食事に行ったときに、私のテーブルはいまいち盛り上がらず、
隣のテーブルの友達たちが大声で笑ってたのが悔しくて、
「ちょっと、負けずに笑おうよ!」って、ムリヤリ意味なく全員で笑ったら、すっごく楽しくなってきて、
隣のテーブルの子たちが「なんだなんだ?」とうらやましそう?に見てきたのが面白かった。
「楽しそうにする」だけで楽しくなれるんだなー。

嬉しくない知らせばかり舞い込んできて、昨日のバスでは「はぁ~」なんてため息ついてたけど、
「楽しそうにすると楽しくなる」法則が当てはまるなら、「ため息ついたら幸せが逃げる」も当てはまるなぁ。

体調も回復してきたので、今夜は美術館にでも行ってきます。レッツ癒し。
[PR]

by oko50525 | 2009-07-15 12:30 | 日常のこと