Towerと美味しい食事と

病とか書いて世間を騒がしている?私ですが、正解はただのジンマシン?です。
でもかゆくて、かゆくて、座ってるのもキッツかったので、乞局以外、芝居関係はいけませんでした。。。
ゴメンなさい。たくさん見たい芝居あったんだけどな。ロロとかさー。

で、体調が戻ってきた週末は、遊びほうけてやりました!
【金曜日】
ラーメンズ
「Tower」@グローブ座

E列センターの良席!プレオーダーはいい席がない、というチケット界の常識が覆される。爆
毎回、なんとなく泣けてしまうラーメンズ。今回はタワーおたくの話でウルウルしてしまった。
賢太郎氏が演じる、情けないキャラに弱いのかもー。
2人とも、若干痩せたように思えたんだけど。。。長いツアーじゃ、痩せもするか?

個人的に、しょっぱなのコントのあとに、客席に頭を下げて挨拶する二人にグッときた。
ナマの舞台がテレビや映画と違うのは、お客さんに出演者が頭を下げるってことかもしれないわ。
歌手だって、頭下げるもんねー?

ありきたりだけど、アッという間の120分。2人とも本当にステキでございました・・・ポッ

【土曜日】
暑さで夕方までとろける寸前。
こんなときに限って、隣家が庭師を入れて、チェーンソーでギーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ
って大音量を鳴らしているものだから、窓を開けるのもツライ状態・・・蒸し焼きになるかと思った。

夕方からは、きっき邸でアマゾネスこと出戻り4姉妹と、ラーメン大好き小池さんによる食事会。
あたくし、相当酔っ払っておったらしく、帰りの電車は眠くて眠くて超辛かった!!
b0044209_102323.jpg

おいしい食事は、人を雄弁にする・・・アマゾネスのぶっちゃけトークは男子にはキツかったであろう。
肉食女子による濃厚な夜であった(肉食女子はから揚げも食い尽くす。私を筆頭に)

【日曜】
前からデートしたかった女優・西田夏奈子嬢をお誘いして、
東京フィルハーモニー交響楽団による歌劇「椿姫」(チョン・ミョンフン指揮)@オーチャードホール
b0044209_10291821.jpg

コンサートスタイルオペラということで、オーケストラの前でオペラ歌手が歌うスタイル。
オペラ歌手の登場だけで鳥肌の立つ私。なんだろう、やっぱオーラが違う?

「椿姫」はヴェルディの代表作なわけですが、高級娼婦と、彼女に恋した青年貴族の悲劇。(まとめすぎ)
身分違いの恋ですね、いわゆる。で、貴族である父親の反対にあったことで、悲劇が訪れてしまうわけで。
教訓としては「親離れ、子離れはお早めに」
ほかにも子どもっぽい男と付き合うな?とか、飲みすぎ注意?とか。

コンサートオペラなので装置は何一つないのに、オペラ歌手の表現力(演技力)で、
周りの情景が浮かんでくるのが素晴らしい!オケの音で、風が吹いてるとかも分かるしね。
ヴィオレッタ役のマリア・ルイジア・ボルシが若いだろうに、セクシーで美人でステキだったー。
特に最初の鼻持ちならないナマイキそうな娼婦から、最後、結核で不幸のうちに死んでいくところは、
衣装が変わっていないにもかかわらず、物凄い時間経過を感じられたほど(髪型は変えていく)
表情も豊だし、演技も無理がなくて、素晴らしかったわ~!

パパ役のヴァシリー・ゲレッロ(イタリア伊達男風)が客席では大人気!投げキッスしたりセクシーでした。
アルフレード(青年貴族)役のダニール・シュトーダはパパより大柄なのに、
まだまだ若いお坊ちゃん、っていう雰囲気が出てたなぁ。

素晴らしいステージでしたー!!名曲も多いし、堪能したわー!!
オペラより安いけど、オペラを見てるのと同じだけのモノが得られますよ。

本当はカーテンコールを最後まで見たかったんだけど、その後の大仕事があったので早々に退場。

そして!!トップランナーの観覧へ!そうよ、旬くんが出るのよ!あたったのよ~!!
集合時間まで10分しかなかったので、あたしがトップランナーと化して猛ダッシュでNHKへ!
最後のほうだったけど、せまーいスタジオなので、一番後ろでも4列目。
前に男性が多かったので、(カップルできてる人が多かった!)その合間から旬くんをガンミしてました。

内容はヒミツですが、ファン歴の長い私でも初めて聞く話もあったし、充実の内容になってますよ。
収録は2時間半。こんなに旬くんと長時間いられるなんて・・・カ・ン・ゲ・キ☆

放送は9月4日の深夜です!お忘れなきよう!
[PR]

by oko50525 | 2009-06-29 11:02 | 観劇したもの