白い食べ物は苦手だ。

b0044209_11502097.jpg
うちの父は「白くてドロドロしたもの」が苦手です。食べ物の話です。
なのでクリームシチューをはじめとしたミルク系の食べ物は、父のいない日に出されます。
でも、父は割りと家にいるので、滅多に食べれません。
なので、食べ慣れません。ゆえに、いつの間にか、自分も苦手になっていくのです。
こう考えると、好き嫌いのある人とは結婚できないなって。
女性の好き嫌いがある人っていうのもダメですね。選んでもらえないね、最初からね。

そんな「白くてドロドロしたもの」がちょっと苦手になっている私ですが、
なにを思ったか、テレビで某女優が作っていたオリジナルのホワイトビーフストロガノフに目を奪われてしまったのです。真っ白いソースにタマネギ、牛肉。
「お友達が良く作ってって言うんです」と語る某女優。はじめてみる白いビーフストロガノフ。
「作るしかない!」と、ネットでその番組のサイトからレシピをダウンロード。

白いソースの正体は生クリーム。
家でも滅多に見たことのない生クリーム。
ちょっと高いと思いつつ、頭は完全にビーフストロガノフでいっぱいなので、奮発して購入。

家に帰り、期待に胸を膨らませ(鳩胸)、タマネギ、ビーフ、しめじをフラインパンで炒める。
思えば、コノ段階が一番おいしそうであった・・・
そこへ、生クリームを投入!(200CC) うおー、一気に白い!!
そして・・・超乳くさい!!!!くさー!!くさいよー!!

あたし、良く考えたら、生クリームが苦手・・・なのであった・・・
それなのに生クリーム(200CC)なんて、消費できるはずないじゃないのさ!
白い液体に浮かぶタマネギやらビーフやらを見て泣きかけるが、某女優の「おいしいですよ」という言葉を信じて進む。

できあがりは、、、真っ白。確かにテレビで見たとおり?
でもでもでもでも・・・白米に生クリームて!!ごはんを牛乳で食べるのとワケが違うよ!
最初のいっぱいは食べれたけど、乳臭さに断念・・・
乳臭さの残るキッチンで、残りのストロガノフにケチャップ、ソース、醤油、チリソースを投入。
普通・・・に近いビーフストロガノフにカスタマイズいたしました・・・これで、だいぶマシになった。。。

でも白いソースにケチャップを入れて混ぜた瞬間は忘れられないわ~。
フツーにグロイです。食べ物とは思えない・・・ホラー映画向き。

いやいや、料理の道は険しいですな。
というか、アノ女優とは絶対友達になれん。味覚がチガイ過ぎる。
食べさせられてた某モデルも「おいしい」ではなく、「おもしろい」といっていた気がする。
あまりに某女優が「おいしいんですよ!」と自らアピールするので、ダマされたよ。

あたくしも偉そうなことは言わないようにしようと思いました。
味覚は、人それぞれです。ええ。

写真はるーちゃんにもらったガーベラ。落ち込んだココロは美しいもので緩和させましょう。
[PR]

by oko50525 | 2009-02-24 11:52 | 日常のこと